創業120周年を記念した特別なフィアット500が240台限定で発売

創業120周年を記念した特別なフィアット500が240台限定で発売

専用デカールをオシャレに配置した特別仕様

 FCAジャパンは、フィアットブランドのコンパクトハッチバック「フィアット500」に、フィアットの創業120周年を記念した限定モデル「スーパーポップ・チェントヴェンティ」を設定。9月7日(土)から240台限定で発売する。メーカー希望小売価格(8%税込み)は、184万円。フィアット500

 歴代の500はイタリアのモータリゼーション拡大に大きく貢献しただけでなく、世界中で親しまれたモデル。その功績やブランドヘリテージにオマージュを捧げる1台に仕立てられている。車名となっている「チェントヴェンティ」は、イタリア語で120を意味する。フィアット500

 1.2Popをベースに、フロントフェンダーやリヤゲートは、ブランドカラーでもあるボルドーを基調とし、「120 Centoventi」の文字とともに、1899年にフィアットが最初に世に送り出したフィアット3 1/2HPを描いた専用ステッカーがあしらわれている。フィアット500

 なお、ボディカラーはボサノバ・ホワイト(120台限定)、パソドブレ・レッド(60台限定)、ミント・グリーン(60台限定)となっている。

画像ギャラリー