ホンダ系ドライバー&ライダーがもてぎに集結! 「Honda Racing THANKS DAY 2019」が開催 (1/2ページ)

ホンダ系ドライバー&ライダーがもてぎに集結! 「Honda Racing THANKS DAY 2019」が開催

1万7500人のファンが集い会場は大盛り上がり!

 秋晴れの好天に恵まれた2019年11月10日(日)、ツインリンクもてぎではHonda Racing THANKS DAY 2019が行われました。サーキットサファリ&グリッドウォークに始まり、レーシングドライバーとレーシングライダーが争うHonda Racing Kart Cup、開発車両を含め6台のHonda NSXによるSUPER GT Honda Grand Prixや7台のマシンによるSUPER FORMULA FINAL BATTLEなど、これまでもお馴染みだったコンテンツに加えて鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)の卒業生によるSRS-Formula Cupなど新たなコンテンツも追加。ドライバーやライダー、監督とともに、1万7500人のファンが心行くまで楽しんでいました。

【関連記事】【噂の真相】F1は天井に張り付いて走れるって本当?

Honda Racing THANKS DAY 2019の模様画像はこちら

 最初の走行コンテンツはハローウッズのレーシングカート用のコースを使ったHonda Racing Kart Cupでした。例年はレーシングドライバーによるレースとレーシングライダーによるレースの2部制で行われてきましたが、今回はそれぞれがコンビを組み、2人1組のリレー形式で行われるものとなりました。トロ・ロッソで活躍中のF1ドライバー、ダニール・クビアト選手は全日本タイトルを7連覇中のトライアルライダー、小川友幸選手とコンビを組み、スーパーGTでも活躍しこの日が国内でのラストランとなるとも言われる元F1チャンピオンのジェンソン・バトン選手はMoto2で活躍するソムキャット・チャントラ選手と、スーパーGTで活躍する武藤英紀選手はMoto-GPで活躍中のカル・クラッチロー選手とペアに。ファンにとっては夢のような顔触れが登場しています。

 まずはレーシングドライバーが予選のタイムアタックと前半のパートを担当、全日本モトクロスのIA1クラスでチャンピオンに輝いた山本 鯨選手とコンビを組むWTCRで活躍中のエステバン・グエリエリ選手がポールを奪いました。決勝ではバトン選手が追い上げてトップに立ちチャントラ選手に交代しましたが、トップを快走中に後続の数台と絡んで後退。漁夫の利を得る格好でクラッチロー選手がトップに立ってそのままチェッカー。コンビを組む武藤選手は「レースは最後まで諦めちゃいけない。そんな典型だったね」とコメントしました。

Honda Racing THANKS DAY 2019の模様画像はこちら

 午前10時30分から今年初開催となったSRS-Formula Cup。今年、プリンシパルに就任した佐藤琢磨(第3期生)選手から17年に首席で卒業し今シーズンはFIA-F3を戦った名取鉄平選手まで、8名のSRS-F卒業生によるスクールカーを使ったエキシビジョンレースです。8名全員が現役のレーシングドライバーで、しかも使用するスクールカーはFIA-F4に匹敵するレーシングフォーミュラだけに、レーシングカートを使ったHonda Racing Kart Cupに比べても、より本物感に溢れていました。

 ポールポジションからスタートすることになった佐藤“校長”が、フォーメーションスタートのタイミングを勘違いしてしまったのはご愛嬌でしたが、正規のスタートではほぼ一団で好スタートを決めると、エキシビジョンとは思えない迫力で バトルを展開します。そして佐藤選手をパスした野尻智紀選手が中盤からは独走を続けました。その後、佐藤選手は塚越広大選手にも先行を許して3位でチェッカー。「周回数を勘違いしていました」という野尻選手が最後のストレートでスピードを緩めたのを見逃さず、後方から塚越選手が急接近。コントロールライン手前で野尻選手をかわすというハプニングもあり、最後の最後まで観客席のファンを沸かせるエキシビジョンレースとなりました。

Honda Racing THANKS DAY 2019の模様画像はこちら

画像ギャラリー