昔は大きくそそり立っていたのに! なぜ最近のクルマのリヤスポイラーは小さいのか (1/2ページ)

昔は大きくそそり立っていたのに! なぜ最近のクルマのリヤスポイラーは小さいのか

いまの小さくて平らなスポイラーもしっかり機能している!

 クルマ好きからしてみれば、スポイラーというのは大きくて、角度が付いているのがグッとくるもの。実際、1990年代あたりまでのスポーツカーのリヤスポイラーはそれこそ大きくてそそり立っていたし、角度も付いていて、さらに好みで変えられたりした。

【関連記事】単なるカッコつけ? 市販車が標準装着するリヤウイングは公道しか走らなくても意味はあるのか

純正スポイラーはなぜ小さくなったのか画像はこちら

 最近のクルマでもスポイラーは付いているものの、小さいし角度も平ら。これで効果があるのかと思ってしまうが、もちろんこれでいいのだ。

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー


新着情報