運転する楽しさを全力で体感! BMW Mで体験するドリフトプログラムに新人編集部員が挑戦 (1/3ページ)

運転する楽しさを全力で体感! BMW Mで体験するドリフトプログラムに新人編集部員が挑戦

東京・お台場で2020年2月から隔月の土日開催を予定している

 ビー・エム・ダブリューは、東京・お台場にあるBMWの体験型ショールームBMW Group Tokyo Bayにて、2020年2月から開催を予定するモータースポーツカルチャープログラム「お台場POWER SLIDE」の概要を発表した。

 このプログラムはラジオDJのピストン西沢さんが監修。BMW Group Tokyo Bayのドライビングエリアを使用してBMW Mモデルの性能を初心者でも安全に、気軽に体験できるプログラムだ。2020年2月から隔月の土・日曜日での開催を予定しており、各日午前、午後の2部制で1プログラムにつき定員は12人、2時間程度を予定する。使用する車両はBMW側が用意するMモデル「M3」「M4」で、「M2」も導入を検討しているという。BMWお台場POWER SLIDE

 日本国内で有効な普通自動車運転免許証を持っている人であれば誰でも応募可能で、開催の1カ月前にBMW Tokyoのホームページで募集、受付を行う(希望者多数の場合は抽選)。参加費は5000円。このイベントでは参加者にBMWのクルマの良さを知ってもらうことだけでなく、クルマを運転する楽しさを感じられる文化をつくりたいという思いから門戸を開いた。

 今回、報道関係者向けにイベントのテストが実施され、新人編集部員、篠田が実際にMモデルに乗り込み、プログラムを体験したのでリポートしよう。

 まずはプログラムの概要について、ピストン西沢さんからプレゼンテーションが行われた。ちなみにドイツ本国のドライビングエクスペリエンスでは、ドリフトもプログラム内容に含まれているそうで、クルマを自在に操り、楽しむという文化の醸成につなげようと、日本でも気軽にドリフトコントロールを体験できるイベントを実施したいという思いで開催を決めたそうだ。BMWお台場POWER SLIDE

 国内で実施するプログラムでは難易度の異なる内容をゴールド、シルバー、ブロンズのクラス別に設定。各クラスの検定試験に合格すると上位のクラスにステップアップできる。より高度なテクニックが必要となるプログラムに挑戦し、ステップアップが目指せる仕組みだ。いずれステップアップした参加者が、同日に別のプログラムを体験できるよう、複数のプログラムを同時開催することも想定しているようだ。インストラクターはレーシングドライバーの高橋滋選手と冨澤勝選手が務める。

 今回、体験したのは初心者から参加できるブロンズクラスのプログラムだ。散水されて作られた低ミュー路のドライビングエリアで行う。「アクセルターンチャレンジ」「ターゲットタイムチャレンジ」「ドリフトエクスペリエンス」の3つのコンテンツで構成される。初歩的な内容ではあるが、奥が深く、実際にクルマをコントロールするのに必要なテクニックを学べる。

画像ギャラリー