期待のラグジュアリーSUV! 6人乗りの「キャデラックXT6」がいよいよ2020年1月に日本導入 (1/2ページ)

期待のラグジュアリーSUV! 6人乗りの「キャデラックXT6」がいよいよ2020年1月に日本導入

XT5とエスカレードの中間に位置するモデルとして導入した

 ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)はユーティリティ性や最新のデザイン性、安全性を兼ね備えた6人乗り新型クロスオーバーSUV「キャデラックXT6プラチナム」を2020年1月1日(水)から発売する。価格(税込み)は870万円。GMジャパンの若松格社長も期待を寄せるモデルだ。

 XT6のボディサイズは全長5060mm、全幅1960mm、全高1775mm。5人乗りのミドルサイズラグジュアリーSUV「キャデラックXT5」とキャデラックSUVのフラッグシップモデルである7人乗り「キャデラック エスカレード」の中間に位置するモデルとして誕生した。

 XT6は2019年デトロイトモーターショーで発表された。空力特性に優れ、均整のとれたプロポーションと、昼夜を問わず遠くからでもひと目でキャデラックとわかるスタイリングが特徴的だ。スリムで縦基調のデイライトや高輝度のクリスタルメッシュグリルを組み合わせることで、エレガントで存在感のあるスタイリングを実現。ロワグリルやサイドミラー、リヤスポイラーは空力や冷却機能、視認性を高めるため効率的にデザインされている。XT6のロゴをあしらったサイドモールディングやイルミネーティングドアハンドルなどにより、キャデラックらしい個性を際立たせた。

【関連記事】いずれは庶民カーにも標準化を希望! まるで夢のような超快適&超便利な高級車の装備4選

キャデラックXT6画像はこちら

 最大の強みであるクラストップのインテリアスペースは、2列目キャプテンシートの間を通って気軽に3列目シートに乗り込むことができるなど、仲間や家族とゆったり過ごすことができるよう工夫が凝らされている。2列目、3列目のレッグスペースとヘッドクリアランスもゆとりのあるスペースを確保し、6人の乗員全員が快適でゆったりとしたドライブを楽しむことができる。

 さらに、乗員全員の快適性を実現するため、各シートの温度を最適化するイオン発生機を備えたトライゾーン空調システムをはじめ、シートヒーター(1&2列目)、ベンチレーションシート(1列目)、ウルトラビューパノラマサンルーフ、クラストップの静粛性を持つアクティブノイズキャンセレーション技術など多彩な機能や装備を搭載。電動可倒式の2列目キャプテンシートと電動可倒+倒立式の3列目シートは大きな荷物を積む際の利便性の向上にも貢献する。キャデラックXT6画像はこちら

 内装は、洗練されたラグジュアリーな空間を演出する。トリム表皮、ルーフライナーのスウェード材、セミアニリン仕上げの本革シートに加え、こだわりのクラフトマンシップから生まれたウッド加飾などの厳選した素材を採用。オーディオにはキャデラック初となるBOSE Performance Series Sound Systemを搭載。XT6のために特別にチューニングされた14個のスピーカーが、キャビン全体に豊かな音場をもたらす。キャデラックXT6画像はこちら

 パワートレインは最高出力314馬力、最大トルク368N・mを発揮する、LGX3.6リッターV6エンジンを搭載。パワーの伝達効率向上のため新設計された9速ATを組み合わせる。スムースで軽やかに走り出すことができ、従来の8速ATに比べてシフトアップに気づかないほどスムースな変速を実現。高速道路巡航時などは、アクティブフューエルマネージメントによって4気筒化し、燃費性能の向上に寄与する。さらに滑りやすい路面でも安定した走りを実現するインテリジェントAWDに加え、ドライビングシーンに合わせて最適なドライブモードが選択可能だ。キャデラックXT6画像はこちら

画像ギャラリー