働くクルマ好き必見! 青島文化教材社から路線バスのプラモデルが2020年3月に発売決定

働くクルマ好き必見! 青島文化教材社から路線バスのプラモデルが2020年3月に発売決定

ドアの開閉も可能! 車内のつり革も再現するこだわりっぷり

 魅力的なプラモデルを多数ラインアップする青島文化教材社は、東京都と大阪で活躍するノンステップバス「LKG-MP37FK」の80分の1スケールモデルを2020年3月に発売すると発表した。現在、同社のオンラインショップなどで予約受付を開始している。

 今回リリースされるのは、東京都交通局と、大阪シティバスの2種類。ひと目でバストわかるボディ形状はもちろん忠実に再現。ステアリングは可動式となり、ドアの開閉も可能となっているほか、なんと車体傾斜ギミックも取り入れている。リアルな働く姿を再現できる点にも注目だ。

【関連記事】【疑問】大型トラックに義務化の速度リミッターが大型バスに義務化されない理由とは?

路線バスのプラモデル画像はこちら

 テールランプや非常ドアハンドル部などはクリアパーツで再現。車体各所のマーキングや塗装はデカールが用意されているので、よりリアルな仕上がりも可能だ。

 もちろん、外装だけでなく車内も再現。現代のバスの主流とも言えるノンステップバスを精密に立体化。また、つり革や手すりも屋根裏に固定して取付できる。どちらも3400円(税抜き)となっている。働くクルマ好きの方はぜひ手に入れてみてはいかがだろうか。路線バスのプラモデル画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報