【同じ2Lガソリン車比較で67万円高!】高すぎるマツダ・スカイアクティブXはユーザーメリットがあるのか? (1/2ページ)

【同じ2Lガソリン車比較で67万円高!】高すぎるマツダ・スカイアクティブXはユーザーメリットがあるのか?

使用する燃料の種類別で試算してみると……

 マツダ3に搭載された世界初のガソリンエンジンによる圧縮着火エンジン、SKYACTIV-Xの性能や運転感覚については、すでに情報がある。では、消費者にとってどのような損得となるのか。スカイアクティブX

 単純に、燃費性能と燃料代をカタログ値から試算してみると、プレミアムガソリンを使うSKYACTIV-Xは、1km走行するのに8.83円の燃料代が掛かる。これに対し、SKYACTIV-Gの2リッターガソリンエンジン車はレギュラーガソリンを使えるが、燃費性能の差で1km走行するのに9.03円掛かる。ガソリン価格については、12月半ばの全国平均値である、レギュラー141円/L、プレミアム152円/Lを参考とした。プレミアムガソリンを使っても、SKYACTIV-Xは、マツダの主張どおり燃料代においては同等以下であることがわかる。

 だがマツダ3の試乗では、1.5リッターガソリンエンジン車の性能も侮りがたく、山間の屈曲路を走っても不満は少なかった。その燃料代はというと、レギュラーガソリンで8.49円/kmとなる。また、マツダは2012年の新世代商品群として第1弾のCX-5発売以来、ディーゼルターボエンジンの性能と環境性能、そして燃料代の安さを謳っている。マツダ3でもSKYACTIV-Dの1.8リッターエンジン搭載車があり、その燃料代は6.11円/kmとなる。これは、全国平均の軽油価格である121円/Lを参考とした。スカイアクティブX

 同じ排気量の2リッターガソリンエンジン同士での燃料代は、1km走行するのに20銭安い勘定だが、1.5リッターガソリンエンジンとでは34銭高く、1.8リッターディーゼルターボエンジンより2.72円高くつくことになる。

画像ギャラリー