スズキ・イグニスが仕様変更で精悍な顔つきに! SUVテイストを強めた新グレードも追加

スズキ・イグニスが仕様変更で精悍な顔つきに! SUVテイストを強めた新グレードも追加

スズキ国内初のオートライトシステムを全車に標準装備!

 スズキは1.2リッター、マイルドハイブリッドを採用する小型車「イグニス」に一部仕様変更を施した。またSUVテイストを強めた新グレード「HYBRID MF」を設定。2020年2月4日(火)より発売する。

 今回の一部仕様変更では、エクステリアは5スロットグリルをモチーフとした新意匠のフロントグリル、ボディと同色の新意匠リヤバンパーを採用し、力強い印象となった。

スズキ・イグニスが一部仕様変更

 インテリアはシート表皮やメーター盤面の意匠を変更したほか、センターコンソールやインサイドドアグリップのアクセントカラーに、新色ブルーとガンメタリックを設定(HYBRID MGはブラック内装)。

スズキ・イグニスが一部仕様変更

 快適装備も充実させた。夜間の降車後にヘッドランプが一定時間点灯し周囲を照らすほか、乗車前に携帯リモコンにより遠隔でドアロックを解除した場合も、自動でヘッドランプが点灯するガイドミーライト機能を採用したオートライトシステムを全車に搭載。

 また助手席シートヒーターを全車に標準装備した(4WD車は従来より標準装備)。さらにHYBRID MGを除くグレードに助手席シートサイドポケットを採用した。

 新グレード「HYBRID MF」のエクステリアは、新意匠フロントグリルに加え、スキッドプレート調デザインの専用フロントバンパーと一部シルバー塗装を施したリヤバンパー、ルーフレール、フェンダーアーチモール、サイドアンダーモールを採用したSUVらしい仕様。

スズキ・イグニスが一部仕様変更

 インテリアはメーター盤面の意匠変更に加え、タフで高級感のあるレザー調シート表皮を採用したほか、アクセントカラーにカーキとガンメタリックの2色を設定した。汚れをふき取りやすい防汚タイプラゲッジフロアを採用(リヤシートバック背面、スライドラゲッジボード)。

スズキ・イグニスが一部仕様変更

 ボディーカラーは新色タフカーキパールメタリックを加え、ブラック2トーンルーフを含めた全16パターンを設定した。

 価格は152万2400円〜197万5600円(税込)。

画像ギャラリー