ポルシェ718ケイマン&ボクスターの上位モデル「GTS 4.0」の予約受注開始

ポルシェ718ケイマン&ボクスターの上位モデル「GTS 4.0」の予約受注開始

6気筒水平対向エンジンを存分に味わえる!

 ポルシェジャパンは、718シリーズの上位モデルに位置づけられる718 GTS 4.0の予約受注を開始した。右ハンドル仕様ならびに6速マニュアルのみで、ケイマンが1072万円(税込み)、ボクスターが1111万円(税込み)。

【関連記事】伝説のレーシングカーの名を冠した「ポルシェ718ボクスター」日本に登場!

ポルシェ718シリーズにGTS4.0を設定画像はこちら

 気になるパワートレインは、718スパイダーならびに718ケイマンGT4に搭載されているものと同様の4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。最高出力は400馬力を発生する。また、ダイナミックダンパーコントロールを備えたスポーツエキゾーストシステムによって、6気筒水平対向エンジンらしい迫力あるサウンドを楽しめる。

 足まわりは、ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)スポーツサスペンションを採用。車高は20mmほど低く設定され、メカニカルリミテッドスリップリヤディファレンシャルを備えるポルシェトルクベクトリング(PTV)の組み合わせでダイナミックな走りを体感することが可能だ。ポルシェ718シリーズにGTS4.0を設定画像はこちら

 エクステリアデザインは、サテングロスブラックの20インチ軽合金製ホイールと、高性能タイヤ(フロント235/35ZR20、リヤ265/35ZR20)を装着。高い制動力を発揮するブレーキはクロスドリルドディスクにレッド塗装のキャリパーを組み合わせて足もとをスポーティに演出する。オプションとしてポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)が用意される。ポルシェ718シリーズにGTS4.0を設定画像はこちら

 スポイラーリップやスポーツデザインフロントエプロンのブラックエアインテーク、フロントフォグランプならびにリヤテールランプレンズ、そして再設計されているリヤバンパー下部に適用されるコントラストダークカラーが、GTSモデルのもつスポーツ性の高さを表現している。

 インテリアは各所にアルカンターラ(R)を使用。ケイマンはAピラーとルーフライニングもアルカンターラ(R)となる。ポルシェ718シリーズにGTS4.0を設定画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報