【試乗】ブリヂストン ポテンザRE-71RSがみせた強烈なグリップ! 一時代を築くほどのインパクトに心酔 (1/2ページ)

【試乗】ブリヂストン ポテンザRE-71RSがみせた強烈なグリップ! 一時代を築くほどのインパクトに心酔

「S」が付いただけ……そんな気持ちを裏切る衝撃のパフォーマンス

「ブリヂストンのポテンザの新製品がデビューします。その試乗会が筑波サーキットで開催されますよ」。

 編集部からのそんな誘いに色めきたった。僕らはポテンザがデビューした1979年からこれまで、超ハイグリップタイヤの頂点として「ポテンザ=最強」として擦り込まれている。そんなハイグリップ世代の僕に届いた「ポテンザ=サーキット」はにわかに興奮を誘うキーワードなのである。ブリヂストン ポテンザRE-71RSサーキット試乗

 とくに直近でいえば、2012年に「ポテンザRE-11A」がデビューしたときの衝撃が強烈であり、これ以上のハイグリップはもはやボイト比を切りつめただけの禁じ手だと思っていたのに、さらにそれを上まわる「ポテンザRE-71R」が2015年に誕生、あまりの戦闘力の高さに腰を抜かしかけた記憶がある。あれから5年。そろそろハイパフォーマンスタイヤへの禁断症状が発症し始めてきたいま、冒頭の誘いが飛び込んできたのだから、心踊らせながらサーキットに足を運んだことは言うまでもない。

「レーシングギアを持参して下さいね。ヘルメットだけではなくレーシングスーツもですよ」。

 試乗会参加には、フル装備での条件が付け加えられていた。ブリヂストンの本気と自信がうかがえた。

 かくして試乗の機会を得たニュータイヤは「ポテンザRE-71RS」と命名されていた。ブリヂストン ポテンザRE-71RSサーキット試乗

 じつをいうと、このネーミングにはちょっと拍子抜けした。というのも、「ポテンザRE47」から始まったらポテンザシリーズの歴史は常にアルファベットと数字の組み合わせなのだが、そこにはあからさまな関連性がなく、常にニュータイヤであることを主張していたのだ。「ポテンザRE71」が「ポテンザRE711」になったことを例外とすれば、今回のように「ポテンザRE-71R」に「S」を加えただけのネーミングは淋しい。小改良に過ぎないのではないかと想像させたのである。わざわざサーキットまで来て……。ブリヂストン ポテンザRE-71RSサーキット試乗

 ところがそれが、かえって「ポテンザRE-71RS」の心証をよくしたともいえるから不思議なものだ。期待値が低かったこともあり、あからさまな戦闘力の高さに驚かされたのである。

画像ギャラリー