マシンとの一体感をさらに高めた唯一無二のマクラーレン「765LT」が765台限定で登場!

マシンとの一体感をさらに高めた唯一無二のマクラーレン「765LT」が765台限定で登場!

圧倒的なパワーとLT伝統の軽量化を徹底して追求した

 マクラーレン・オートモーティブは、ロングテールの最新作「マクラーレン765LT」を発表した。マクラーレン・オートモーティブ史上もっともパワフルなLTとして、ドライバーとマシンの一体感が強く感じられるモデル。全世界765台限定で発売する。

 765LTは1990年代にマクラーレンF1 GTRで幕を開け、2015年に公道走行適合モデルが投入された。

 新たな765LTは「720S」をベースに、先進のカーボン・ファイバー技術、ビスポークのカーボンファイバー製LTボディパネルとエアロダイナミクス機能などを採用。720Sと比べて80kgの重量削減に貢献した。また、フロントの最低地上高は720Sに比べて5mm低くなり、フロントトレッドは6mm拡大したことで、グリップ性能とバランスの双方を高めた。軽量化に貢献する10本スポークのウルトラライトウエイト鍛造アロイホイールや765LT専用に開発された「ピレリP Zero Trofeo Rタイヤ」を標準で装着した。

【関連記事】【いくらなんでも高額すぎ!!】リッチマンでも躊躇ほどの衝撃価格で登場した国産限定車3選

マクラーレン765LT画像はこちら

 さらにマクラーレン4.0リッターV8ツインターボエンジンが生み出す765馬力の最高出力と800Nmトルク、軽快なインギア加速を発揮するために最適化されたトランスミッションギアとLT特有のサスペンションスプリング、ダンパーを組み合わせている。

 マクラーレンでおなじみの電動油圧式パワーステアリングを765LTにも継承しているが、ステアリングギア比をより早くし、トーションバーをより硬くする調整を施したことで、ドライバーへのフィードバックをより研ぎ澄ませた。720Sで初めて採用した最先端のリンク型油圧式プロアクティブシャシーコントロールIIサスペンションでは765LTの動的要件を満たすためにサスペンションシステムアルゴリズムを改良し、精度と制御をさらに向上させた。

 エアロダイナミクス性能ではサーキットの能力を発揮するためだけではなく、公道での高速走行中の挙動にも影響を与える。フロントの大型スプリッターと拡張されたアクティブリヤウイングをカーボンファイバー製のフロア、ドアブレード、リヤディフューザーと組み合わせることで、エアロダイナミックダウンフォースは720Sに比べて25%増加した。

マクラーレン765LT画像はこちら

 ブレーキはマクラーレンセナで採用したカーボンセラミックディスクを用いるとともに、F1から着想を得た一体型キャリパー冷却ダクトを組み合わせることで、優れたブレーキペダルのフィールと制動力を発揮する。

 ロングテールのアクティブリヤウイングを高位置に置くことで、パワートレインの冷却が促進されるとともにダウンフォースも向上し、急ブレーキ時にもダイブ感が軽減される。スプリング自体が従来に比べて柔らかくなっており、公道での走行もより快適となった。

 油圧で作動するリヤウイングは765LT独自の展開設定で、3つの作動ポジションを取ることができる。キャビンのエアロボタンを選択した時には速度に応じてアクティブウイングが部分的に展開し、高速コーナリングでのダウンフォースを高める。また、DRSでは直線道路で最高速度まで加速する時に空気抵抗削減機能が作動する。ハイスピードブレーキングではアクティブウイングが0.5秒未満で展開し、リヤのダウンフォースが60%増加するため、高速でブレーキをかけた時の安定感を高め、制動距離を短縮する、といった機能が用意されている。

マクラーレン765LT画像はこちら

 エクステリアカラーはLTのみに導入されているナルド・オレンジとスモークド・ホワイトの2色を含む17色を展開する。「600LT」で初めて公開され、「675LT」オリジナルのシケイン・グレーを想起させるシケイン・エフェクトも選択できる。

 インテリアはモータースポーツから着想を得たデザインで、カーボンファイバー製のレーシングシートやセンタートンネル、フロア、全体に配された軽量のアルカンターラなどを採用した。インテリアカラーは淡い色彩を初めて導入し、標準的なカーボンブラックのステッチをマクラーレンオレンジに置き換えている。さらにドーブ・グレーのアルカンターラにサイタス・グレーのステッチ、バーント・オレンジのアルカンターラにカルミンのステッチ、ミッドナイト・ブルーのアルカンターラにキングフィッシャー・ブルーのステッチという3つのテーマを用意した。

マクラーレン765LT画像はこちら

 軽量化のため、標準装備では空調とオーディオシステムが取り外されているが、追加費用なしで注文することも可能だ。

 ほかにも、サーキット走行も行うユーザー向けにはMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)クラブスポーツ、MSOクラブスポーツプロといったパックを用意している。MSOクラススポーツパックにはマクラーレンセナに装備される超軽量カーボンファイバー製レーシングシートや高性能ブレーキディスクとビスポークのLT用ブレーキパッドを装備するサーキット用のブレーキアップグレード、ラップタイム機能と3台のカメラがついたマクラーレン・トラック・テレメトリー、MSO Definedのサテン仕上げビジュアル・カーボン・ファイバー・エアベントが含まれている。

画像ギャラリー