踏み間違い防止に通報機能も! 高齢者必見のクルマの買い替え不要な後付け安全装備 (1/2ページ)

踏み間違い防止に通報機能も! 高齢者必見のクルマの買い替え不要な後付け安全装備

後付けが難しいSOSコールのように自動通報ができるものも

 高齢者が運転するクルマによる悲惨な交通事故が相次いでいる。家族に高齢でも日々運転を楽しんでいるような親がいるとすれば、心配は尽きないはずだ。

 最新の先進安全運転支援機能満載のクルマに乗っているなら安心だが、そうでない場合、しかも買い替えを検討していないなら、2021年に新車に装着が義務付けられる自動ブレーキは必須としても、さらなる安全・安心を得るためにはどうしたらいいだろうか。その答えのひとつが、後付けによる安全運転支援機能を取り付けることだ。

 まずは、あおり運転被害のニュースが報道されて以来、多くのドライバーが装着しているドライブレコーダーだ。高齢者はゆっくりとした運転をすることが多く、せっかちなドライバーにあおられる可能性がある。また、もらい事故などでは、高齢ゆえ動揺し、事故の正確な情報を把握しきれないこともあるだろう。

お手頃な後付け安全運転グッズ

 そんなとき、役に立ってくれるのがドライブレコーダーだ。ここでお薦めしたいのは、自動車保険のサービスのひとつのドライブレコーダー特約。これは、特約としてドライブレコーダーをレンタルしてくれるもの。ここからがポイントなのだが、後付けが難しいSOSコールのように、事故時に自動通報通知が可能である点だ。

お手頃な後付け安全運転グッズ

 一定の衝撃のある事故を起こすと、(センター)オペレーターに自動通報され、映像も自動送信されるから心強い。マイクとスピーカーによってオペレーターによる安否確認が行われ、警察、消防の通報やロードサービスの手配も行ってくれるのだ。

 そうしたドライブレコーダー特約は三井住友海上、東京海上日動、損保ジャパン日本興亜、あいおいニッセイ同和などの自動車保険会社で用意しているが、なかには警備会社の駆けつけサービス、高速道路逆走警告機能を用意しているところもあるから、さらに安心である。特約料金は月額1000円以下というのもありがたい。

 また、市販のドライブレコーダーのみを取り付ける場合は、前方カメラはもちろん、後方カメラも必須。できれば360度監視できるタイプが、あらゆる事態に備えられ、より安心である。

画像ギャラリー