650馬力を発揮する新型ポルシェ911ターボSの予約受注を開始 2892万円から

650馬力を発揮する新型ポルシェ911ターボSの予約受注を開始 2892万円から

タイプ930をリスペクトした仕立てにも注目

 ポルシェ ジャパンは、新型ポルシェ911ターボSの予約受注を開始した。メーカー希望小売価格(税込み)は、クーペが2892万円、カブリオレが3180万円。

 911シリーズのトップエンドモデルであるターボSは、3.8リッター水平対向ツインターボを搭載。先代モデルを70馬力上まわる、650馬力を発揮し、最大トルクは800N・mを誇る。ターボ専用に仕立てられた8速PDKと組み合わせることによって、0-100km/h加速はわずか2.7秒という俊足を見せる。

【関連記事】ポルシェ以外のメーカーがスポーツカーにRRレイアウトを採用しない理由とは

ポルシェ911ターボSが予約受注開始画像はこちら

 このドライビングダイナミクスに合わせ、ボディサイズも大幅に拡大。フロントアクスル上部は45mm拡大し1840mmに、リヤアクスル上部では20mmワイドとなり全幅は1900mmとなった。トレッド幅の拡大、エアロダイナミクスの改善、前後でサイズの異なるタイヤ構成によって、俊敏性とスポーツ性を高めた。ポルシェ911ターボSが予約受注開始画像はこちら

 インテリアは、フルレザーインテリアとライトシルバーのアクセントを組み合わせたカーボントリムが標準装備。18wayスポーツシートは、初代911ターボ(タイプ930)をリスペクトしたステッチが施されている。そのほか、GTスポーツステアリング、新しいポルシェ トラックプレシジョンアプリを統合したスポーツクロノパッケージ、BOSEサラウンドサウンドシステムも装備する。ポルシェ911ターボSが予約受注開始画像はこちら

画像ギャラリー