フェラーリ初のプラグインハイブリッド「SF90ストラダーレ」がデザイン業界における最高賞を獲得

フェラーリ初のプラグインハイブリッド「SF90ストラダーレ」がデザイン業界における最高賞を獲得

ほかにも2モデルがレッド・ドット賞を獲得した

 1955年より続く、優れたデザインを表彰するレッド・ドット賞において、フェラーリSF90ストラダーレがプロダクト・デザイン賞においてベスト・オブ・ザ・ベスト賞を受賞した。また、フェラーリ・ローマとF8トリブートもレッド・ドット賞を獲得している。

 このレッド・ドット賞は、毎年優れたデザインを表彰する、国際的なプロダクトデザイン賞。デザイン業界においては、もっとも重要かつ栄誉ある賞のひとつとなっている。

 フェラーリはこれまで、2015年より17のレッド・ドット賞を獲得している。これほどの受賞歴がある自動車メーカーはフェラーリだけであり、最高賞であるベスト・オブ・ザ・ベスト賞は、FXX-K、488 GTB、J50、フェラーリ・ポルトフィーノ、モンツァSP1に続き、今回のSF90ストラダーレが6度目となる。究極のスポーツカーの使命を、各部のラインでアピールした点が評価されたという。

【関連記事】【RMオークション】フェラーリ・ラ・フェラーリ アペルタが10億9121万7600円で落札

フェラーリSF90ストラダーレがデザインの最高賞を獲得画像はこちら

 SF90ストラダーレは、フェラーリ初のプラグインハイブリッド車。システム出力が1000馬力という圧倒的パワーと、1.57kg/cvというパワーウエイトレシオによって強烈な走りを実現したモデルだ。フェラーリSF90ストラダーレがデザインの最高賞を獲得画像はこちら

 なお、2020年のレッド・ドット プロダクト・デザイン賞に関する受賞セレモニーは、6月22日(月)にドイツ・エッセンで開催される。

画像ギャラリー