吸盤式のお守りを外しETCカードの変形にも注意!  長期間動かさないクルマに置きっぱなしが危険なものとは (1/2ページ)

吸盤式のお守りを外しETCカードの変形にも注意!  長期間動かさないクルマに置きっぱなしが危険なものとは

長期間動かさないクルマはできるだけ軽くしておくべき

 クルマを長期間動かさないでいると、エンジンも傷むが、タイヤやハブベアリングも特定の箇所だけ負荷がかかって傷んでしまう。

 そういう意味で、クルマはできるだけ軽い状態で保管したほうがいいので、車内から降ろせるものはできるだけ降ろしたほうが望ましい。

 というわけで、トランクは空っぽにするのが基本。

【関連記事】警戒すべきは盗難じゃない! ETCの挿しっぱなしが危険な理由とは

車内に置きっぱなしにしてはいけないもの画像はこちら

 室内では、食べ物、飲み物は、雑菌の繁殖、カビ、異臭の原因になるので必ず降ろす。お菓子の食べカスなども掃除機などできれいに吸い取っておくこと。チョコレートやガム、飴なども溶けてくっついたりするので確実に処分。

 次にガラスクリーナーや解氷スプレー、虫よけなどのスプレー缶の類は、夏の高温で破裂する可能性もあるので車内に置きっぱなしにはしない。

車内に置きっぱなしにしてはいけないもの画像はこちら

 喫煙者は、ガスライターなども危ないし、化粧品の瓶なども置きっぱなしは避けたい。あとは乾電池や、乾電池の入った懐中電灯などの電気製品も、降ろせるものは降ろしておこう。

画像ギャラリー