2020年はひまわりのような黄色! 特別色を身に纏う特別なアルピーヌA110カラーエディション登場

2020年はひまわりのような黄色! 特別色を身に纏う特別なアルピーヌA110カラーエディション登場

各所のブラック化がイエローを際立たせる!

 アルピーヌ・ジャポンは、特別なボディカラーを身に纏うA110を毎年登場させるプログラム「アルピーヌA110カラーディション」を導入すると発表した。2021年3月31日(水)までの期間限定受注生産モデルとなっている。メーカー希望小売価格(税込み)は911万円。台数に制限はなし。

 2020年モデルとして導入されるカラーエディション2020は、A110Sをベースに60年代〜70年代にかけて人気だったイエローの「ジョン トゥルヌソル(ひまわりの黄色)」を採用。アルピーヌの塗装エキスパートが、現代の塗装剤を用いながら当時の色合いを忠実に再現した。

【関連記事】【試乗】アルピーヌA110Sはアンダーとは無縁! リヤの流れを気にする切れ味鋭いミッドシップ

アルピーヌA110Sをベースにした特別色のカラーエディションを発売画像はこちら

 イエローのボディカラーが映えるよう、ブラックエンブレム/モノグラム、カーボンルーフ、ブラック18インチアロイホイールなどを採用。これによりスポーティさも際立っている。

アルピーヌA110Sをベースにした特別色のカラーエディションを発売画像はこちら

 インテリアもチタンブラックの内装とドアパネルのイエロー、イエロー/カーボンのエンブレム、ステアリングのイエローセンターマーカーを特別装備。スペシャルなモデルであることを感じさせる仕立てだ。センターコンソールには、アルピーヌのロゴ入りリミテッドエディションプレートが装着される。

画像ギャラリー


新着情報