制限速度を守るのは当たり前なのに「スピード落とせ」の看板はなぜ存在? どのぐらい落とすのが正解なのか (1/2ページ)

制限速度を守るのは当たり前なのに「スピード落とせ」の看板はなぜ存在? どのぐらい落とすのが正解なのか

頻繁に見かける警告の看板

 郊外をドライブしていた夫婦があるカーブを通過したとき事件が起きた。

妻「ちょっとアナタ、なんでいまのカーブで減速しないの!」

夫「えっ、普通に曲がれたけど」

妻「いま『スピード落せ』って看板があったのに」

夫「法定速度は守っていたよ」

夫・妻「●×△◆……」

 じつはけっこう頻繁に見かける『スピード落せ』の看板。この看板を見たドライバーは、一体どれだけスピードを落とせばいいのだろうか? 法定速度以内ならOK? 徐行程度まで? 20%ダウン??? 基準がないので何とも言えない。

【関連記事】【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

「スピード落せ」の看板がある場所ではどれぐらい速度を落とせばいいのか画像はこちら

 むかし、1970年代後半から80年代初頭の少年漫画の広告に「武道の通信教育」というのがあった。写真入りのテキストを見ながら、カセットテープの号令に合わせて、突いたり蹴ったりする練習をするのだが、その号令の途中で「もっと腰を落として」という指導が入るらしい。「もっと腰を落として」といわれても、どれだけ落とせばいいのやら? という笑い話があったが、この『スピード落せ』の看板もそれに似ている!? でも非常に気になったので、警視庁交通相談コーナーに訊いてみた。

画像ギャラリー