なぜワゴンやSUVだけ? ほとんどのミニバンのバックドアが「電動開閉」がしないワケ (1/2ページ)

なぜワゴンやSUVだけ? ほとんどのミニバンのバックドアが「電動開閉」がしないワケ

パワーバックドア付きのミニバンは数少ない

 世界的にクルマの電動化(HV、PHV、EV)が急速に進んでいるが、それ以前に電動化が推し進められてきたのが、ドア部分の電動化である。

 ミニバンのスライドドアはもちろん、高級輸入ステーションワゴンやSUVのバックドアも、スイッチひとつで開閉できるようになっている。リモコン操作や足をセンサーにかざす操作でも全自動開閉が可能で、傘をさしていたり、両手に荷物を持っていたり、子供を抱いている際には便利この上なし。その全自動の便利さ、スマートさを一度体験すれば、重い手動操作のスライドドアやバックドアの開閉など、お役御免にしたくなるはずだ。

【関連記事】3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

ミニバンのバックドアが全自動開閉しない理由画像はこちら

 ただ、ミニバンのパワースライドドア、ステーションワゴンやSUVのパワーバックドア機能が普及しているのに、なぜ、ほとんどのミニバンのバックドアにパワーバックドア機能が付いていないのか? という疑問が残る。パワーバックドアが標準、またはオプションで用意されている国産ミニバンは、トヨタ・アルファード&ヴェルファイア、日産エルグランド、三菱デリカD:5ぐらいなのである。

ミニバンのバックドアが全自動開閉しない理由画像はこちら

 その理由は、大きく分けて四つありそうだ。ひとつ目は、ステーションワゴンやSUVのバックドアに比べ、ミニバン、とくにボックスタイプのバックドアは巨大で重く、モーターの負担が大きすぎ、また、全自動化するにはそもそも重い車重が、パワー化のための補器によってさらに、さらに重くなってしまうからだ。結果、多くのミニバンは、代わりにダンパーを用いることで、操作力を軽減させ、対応しているというわけだ。

ミニバンのバックドアが全自動開閉しない理由画像はこちら

画像ギャラリー