ヘッドライトの「黄ばみ・くすみ」で車検不通過が増加中! 「明るい光」を取り戻す方法とは (1/2ページ)

ヘッドライトの「黄ばみ・くすみ」で車検不通過が増加中! 「明るい光」を取り戻す方法とは

車検時のヘッドライトの検査基準が厳しくなった

 いまのクルマのヘッドライトのレンズは、樹脂製(ポリカーボネート製)が主流。軽くて、デザインの自由度が高いなどのメリットがある反面、長年使っていると紫外線などの影響で樹脂が劣化し、表面が黄ばんだり曇ったりしてくる。

 この黄ばみや曇りは、見た目も古臭くなって、オーナーにとっては頭の痛いところだが、それ以上に保安基準に引っかかり、車検に通らなくなることがあって近年問題となっている。

【関連記事】[噂の検証]虫除けスプレーでヘッドライトの曇りが取れる!? 

クルマのヘッドライトは黄ばみにより性能が悪化する画像はこちら

 というのも、じつは平成27年9月から、車検時のヘッドライトの検査基準が変わり、光軸(エルボー点の位置)と光量が以前よりもかなり厳しく審査されるようになったからだ。樹脂製のヘッドライトが黄ばんだり曇ったりすると、エルボー点がボケてしまい、車検で不合格になるケースが増えているというわけだ。

 もうひとつの問題は光量。現行の検査では、ロービーム(すれ違い灯)で、1灯につき6400カンデラ以上の明るさという基準があるが、劣化し黄ばんだレンズになってしまうと、そこで光が遮られて、十分な光量を照射できないことになる。

画像ギャラリー