スマホアプリ「カーナビタイム」がApple CarPlayダッシュボードに対応し利便性を向上

スマホアプリ「カーナビタイム」がApple CarPlayダッシュボードに対応し利便性を向上

カーナビタイムの画面を表示しながらオーディオ操作なども可能に

 ナビタイムジャパンが提供するカーナビアプリ「カーナビタイム」。2020年8月12日(水)より、Apple CarPlayのダッシュボード機能に対応した。

 カーナビタイムはインターネットに接続しなくてもルート案内が可能となるカーナビゲーションアプリの代表格。2018年9月に日本で初めてApple CarPlayに対応してユーザーから高い評価を得ている。Apple CarPlayは車載ディスプレイで表示することを前提にしたUIを採用しており、車内でも確認しやすいルート表示ならびにナビゲーションを利用することができる機能として人気だ。

 今回のCarPlayダッシュボードは、カーナビタイムでナビゲーション機能を活用しながら、画面を切り替えることなく音楽操作や通話といった機能をシームレスに利用可能となっている。なお、サードパーティが提供するカーナビアプリとしては、CarPlayダッシュボードへの対応は日本企業として初めてとなる。

【関連記事】クルマはスマホナビで十分? 通信料やルート案内など「○と×」を車載ナビと比較した

CarPlayダッシュボードの使用イメージ画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報