大人の雰囲気漂うシトロエンC3エアクロスSUVの特別仕様車「Cシリーズ・シックエディション」発売

大人の雰囲気漂うシトロエンC3エアクロスSUVの特別仕様車「Cシリーズ・シックエディション」発売

モノトーンなカラーを採用して落ち着いた雰囲気に

 グループPSAジャパンは、個性的なルックスも相まって人気となっているコンパクトSUV「C3エアクロスSUV」に、大人の雰囲気が漂う色合いを身にまとった特別仕様車「Cシリーズ・シックエディション」を設定し発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、288万円。

 このC3エアクロスSUVは、シトロエンが100周年を迎えた2019年7月に日本市場へ投入されたBセグメントコンパクトSUV。欧州ではすでに25万台以上を販売した人気モデルへと成長している。

 今回の特別仕様車「Cシリーズ・シックエディション」は、100周年記念モデルとして登場した「C3 AIRCROSS SUV Origins」に続く、世界で販売されるグローバルな特別仕様車だ。CシリーズのCは、シトロエンが創立依頼追求してきたコンフォートのCであり、そしてシックのCという意味も込められている。

 ボディカラーはグリ プラチナムもしくはナチュラル ホワイトのモノトーンカラーを採用。あえてこのモデルの特徴でもあったリヤクオーターにデザインされたベネチアンストライプをレス仕様とし、ブラックのルーフとルーフレールやマット塗装のディープレッドアクセントという色合いの組み合わせによって、シックな大人の雰囲気に。

【関連記事】本当にお買い得なのか? 特別仕様車の中身を徹底分析

ホワイトカラーの特別仕様車Cシリーズ・シックエディション画像はこちら

 また、特別仕様車の証としてドアミラー下にはCシリーズのバッチが、ドアステップにもCシリーズのロゴがデザインされたメタル加飾が与えられている。

ドアミラーの下の限定バッチ画像はこちら

 インテリアも、外観同様にダークグレー&ディープレッドのアクセントが入ったオシャレなシートのほか、フロアマットなどもダークレッドのステッチが入った特別なものが特別装備する。

特別仕様車の専用シート画像はこちら

 このほか、各種装備も充実している。テップレザーのダッシュボードやShineグレードでパッケージオプションを選択しないと装着できないグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)が標準に。さらに、205/60R16のサマータイヤが標準装着となり、一般道における快適性や静粛性、燃費性能にも配慮された仕様になっている。

画像ギャラリー


新着情報