気持ちはわかるが「グッ」と我慢! 女子が運転男子に言ってはいけないセリフ5つ (1/2ページ)

気持ちはわかるが「グッ」と我慢! 女子が運転男子に言ってはいけないセリフ5つ

「運転すべてを否定された」とひどく傷つく可能性も!

 コロナ禍でも不特定多数の人との接触を避けて移動できるということで、仕事でもデートでもクルマが重宝されていますね。彼氏や旦那さまはもちろん、今まであまり一緒にクルマに乗ったことのない男性とも、移動する機会が増えた女性も多いかもしれません。

 運転というのは、普段の人柄からは想像もつかない本性が表れたり、もともとのセンスや運動神経なども操作のはしばしに出てくるものなので、助手席から見ていると、「えっ!」と驚いて思わずひとこと言いたくなってしまうシーンもあると思います。

 ただ、男性は本能的に女性に対して上の立場にいたいと思うもの。平気なふりをしていても、本当はすごく緊張しているかもしれないし、いつも以上に気を使っていて本来の実力が発揮できていないかもしれないのです。そんな状況で苦言を口に出してしまうと、男性はひどく傷つく可能性が大。そこで今回は、気になってもグッと我慢していただきたい、助手席の女性が決して言ってはいけないセリフを5つ、ご紹介したいと思います。

1)「ちゃんと見てる?」

 道を間違えたり、一方通行を逆走しそうになってしまったり、交差点を曲がるときに、死角から歩行者や自転車が出てきて急ブレーキを踏む、なんてときに思わず言ってしまいそうなセリフです。でもこれはもう、ドライバーからしたら「見てるに決まってんだろ!」と言いたくなるもの。

【関連記事】クルマ好き男子激萎え! いくらクルマに詳しくなくてもあり得ない同乗女子のエピソード10選

自転車の飛び出し画像はこちら

 初めて通る道はとくに、いつも以上の注意が必要になりますが、助手席に女性を乗せていることでそちらにも気を取られ、うっかり標識を見逃しそうになったりすることもゼロではありません。そんな必死な男性に向かって責めるようなセリフを口にすると、ムッとされてしまいます。ここはグッと抑えて「ここ、わかりにくいよね」などと同調してあげるようにしましょう。

2)「ブレーキ遅くない?」

 前のクルマが急に止まって慌ててブレーキを踏んだり、話に夢中で赤信号に気づくのが遅れたりした場合に、強めのブレーキでカックンと止まることもあるものですね。あるいは、もともとブレーキを踏むタイミングがちょっと遅い人もいるでしょう。とくに、自分でも運転をする女性からすれば、自分のタイミングと合わないだけで、かなり違和感を覚えてしまうかもしれません。

強めのブレーキ画像はこちら

 でも、その人その人の感覚やクセが表れやすいのがブレーキ。ということは、ブレーキに苦言をすれば、その人の運転すべてを否定したことにもなりかねないんです。もし、あまりに恐怖を感じるようであれば、「びっくりした〜」などと言って、やんわりと怖かったことを伝えるようにしてはいかがでしょうか。

画像ギャラリー