大きくイメージチェンジ! アウディA4シリーズが初の大幅改良を実施

noteで書く
大きくイメージチェンジ! アウディA4シリーズが初の大幅改良を実施

外観はフルモデルチェンジといってもいい大幅改良!

 アウディ ジャパンは、プレミアムミドルクラスセダン&ワゴンのA4ならびにA4アバントをモデルチェンジした。今回は外観はフルモデルチェンジのように大幅改良されたほか、Sモデル以外は12Vマイルドハイブリッドシステムを搭載する。

 まず注目は、大きく印象が変わったエクステリアデザインだろう。アウディの象徴と言えるシングルフレームグリルは、よりワイドかつフラットなデザインに。ひとクラス上のモデルのような、どっしりとした雰囲気が与えられた。また、全モデルブリスターフェンダー化し、約5mm全幅を拡大。もはやフルモデルチェンジといってもいい進化である。

 ヘッドライトは全モデルで近未来的なデザインを採用したLEDタイプを標準装備。最上級モデルとなるS4のヘッドライトは、フルオートマチックハイビーム機能も搭載したマトリクスLEDテクノロジーが採用されている。

 インテリアは、水平基調のデザインを採用したインパネが特徴的。10.1インチの大型MMIタッチディスプレイが鎮座し、さまざまな情報を得ることが可能だ。また、人間工学に基づいて開発されたシートを備え、快適な走りをサポートする。

【関連記事】アウディの新型A4がより快適になって発表

アウディA4のインテリア画像はこちら

 パワートレインは、出力の異なる2種類の2L直4ターボガソリンエンジンを搭載。35TFSIは150馬力、45TFSIは249馬力を発揮する。どちらもベルト駆動式オルタネータースターターと12Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドドライブシステムを採用した。組み合わせるトランスミッションは、7速Sトロニックだ。

 最上位モデルであり、運動性能を高めたS4およびS4アバントも進化。ボンネット先端にはアウディ・クワトロを彷彿とさせるスリットが刻まれる。さらに、前後バンパーやエアインレット、サイドシルはSシリーズ専用としたことでスポーティさを強調。足もとの19インチアルミホイールによって、力強さと洗練された雰囲気に仕立てられた。

スポーティなアウディS4画像はこちら

 インテリアはブラック×カーボンでスポーティに。専用スポーツシートといったSモデルならではのアイテムが投入される。パワーユニットは354馬力・500N・mを発揮する3L V6ターボを採用。8速ティプトロニックを組み合わせる。クワトロの4輪駆動システムで高出力を確実に路面へと伝える。

 もう1台、オフロードでの走破性も高めたSUV仕立てのオールロードクワトロもラインアップ。ホイールアーチトリムやアンダーボディプロテクションといった、ひと目でわかる専用装備が与えられている。ベースモデルに対して前後ともに15mmトレッドを拡大。最低地上高も50mm高め、アウディドライブセレクト ダイナミックハンドリングシステムはオフロードモードを追加している。快適な乗り心地と悪路での走破性を両立させた。

アウディA4オールロードクワトロのスタイリング画像はこちら

 マイルドハイブリッドシステムを採用した2L直4ターボエンジンは249馬力を発揮。7速SトロニックとAWDクラッチ付きクワトロシステムを組み合わせている。また、LEDヘッドライトやバーチャルコクピット、シートヒーターなどを標準装備とした。

 各モデルの車両本体価格(税込み)は、下記の通り。

Audi A4
35 TFSI          455万円
35 TFSI advanced     523万円
35 TFSI S line       570万円
45 TFSI quattro advanced 580万円
45 TFSI quattro S line   627万円
S4              895万円

Audi A4 Avant
35 TFSI          484万円
35 TFSI advanced     552万円
35 TFSI S line       599万円
45 TFSI quattro advanced 609万円
45 TFSI quattro S line   656万円
S4 Avant          924万円
A4 allroad quattro      634万円

画像ギャラリー


新着情報