ボルボS60&V60クロスカントリーに48Vハイブリッドを追加! 装備も見直し魅力アップ

noteで書く
ボルボS60&V60クロスカントリーに48Vハイブリッドを追加! 装備も見直し魅力アップ

これによりボルボ国内販売モデルの全電動化が完了!

 ボルボ・カー・ジャパンは、プレミアムミッドサイズセダン「S60」とプレミアムミッドサイズクロスオーバー「V60クロスカントリー」を仕様変更。装備の見直すとともに、パワートレインに48Vハイブリッドを導入して全車電動化した。

 注目のパワートレインは、従来のT4およびT5に代えて48Vハイブリッドシステムを搭載するB4、B5を採用。プラグインハイブリッドとなる「リチャージ・プラグインハイブリッドT6」を含め、全車電動化モデルとなった。これにより、ボルボの国内販売モデルはすべて電動化されたことになる。

【関連記事】【試乗】安全装備も充実した新世代ボルボの真打ちV60は日本市場にジャストサイズ!

V60クロスカントリーのイメージ画像はこちら

 インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール(ISGM)による回生ブレーキで発電。48Vリチウムイオンバッテリーに蓄電し、エンジンの始動や電力補助を行ってくれる。スターターモーターに代わってISGMが、アイドリングストップからのエンジン再始動も行うため、ノイズやバイブレーションなどの大幅低減にも貢献。より上質な走りを実現している。

 ほぼ新設計の新世代パワートレイン「Drive-E」の第3世代4気筒2Lガソリンエンジンを組み合わせている。シリンダー表面処理の改良、エンジン内部の摩擦低減を図り、気筒休止システムも導入したことで燃費も向上させている。

ボルボS60のスタイリングイメージ画像はこちら

 また、一部装備の見直しやグレード追加なども行っている。S60のエントリーグレードとなるB4 モーメンタムは、キーレスエントリー、運転席8ウェイパワーシート(運転席ドアミラー連動メモリー機構付き)、ドアハンドル(ボディ同色、グラウンドライト付き)を標準装備に。48Vハイブリッド仕様のパワートレインも搭載しながら、500万円を切る価格設定としている。

 S60リチャージプラグインハイブリッドには、エントリーグレードとしてインスクリプション・エクスプレッションを追加。装備内容を見直すことで、100万円近く価格を抑えた戦略的なグレードとなる。さらに、S60はスポーティさを際立たせているRデザインも新設定。グロッシーブラック仕上げのアクセントや18インチ専用アルミホイール、専用オープングリッドテキスタイル/ファインナッパレザーコンビネーションスポーツシート、本革/シルクメタルスポーツステアリングを採用。スポーツサスペンションを装備し走りにも磨きをかけている。

S60バリエーション画像はこちら

 そのほかにも、最高速度を180km/hに制限し、さらにそれ以下の任意の速度に設定可能なケアキーも標準装備。各種安全装備なども標準化し、充実した安全性も見逃せない仕様となっている。

 各モデルの希望小売価格(税込み)は下記の通り。

S60
B4 Momentum 499万円
B5 Inscription/B5 R-Design 624万円
Recharge Plug-in hybrid T6 AWD Inscription Expression 684万円
Recharge Plug-in hybrid T6 AWD Inscription 799万円

V60 Cross Country
B5 AWD 579万円
B5 AWD Pro 674万円

画像ギャラリー


新着情報