まさに公道最強マシン! あり得ないほどチューニングされた「怪物」ワークスコンプリートカー5選 (1/2ページ)

まさに公道最強マシン! あり得ないほどチューニングされた「怪物」ワークスコンプリートカー5選

限定枠の20倍以上の申し込みがあるほどの人気ぶり!

 自動車メーカー直系のワークスチューニングブランドが手掛けるコンプリートカーには、保証や価格などの制約がつきまとうことから、どうしてもライトチューンというイメージが根強い。だが実際には、パワートレインやボディにも手を入れ、メーカーならではの技術力で性能と耐久性、快適性を兼ね備えたコンプリートカーも少なからず存在する。今回はそのなかから5台をピックアップし、デビュー年次の新しいものから順に紹介する。

1)トヨタ・ヴィッツGRMN

 まず、近ごろ大きな注目を集めているトヨタGRヤリスの前身といえる、3代目ヴィッツをベースとした「ヴィッツGRMN」は、新たなスポーツカーシリーズとして「GR」ブランドが発足した2017年9月の時点で市販化が明言され、2018年4月より150台限定で商談申込受付が開始された。

【関連記事】究極ダイエットの激レア車!  走り命で思いっきり軽量化した強烈な国産スポーツモデル3選

ヴィッツGRMNの走り画像はこちら

 日本向け3代目ヴィッツには設定のない3ドアボディをベースとして、フロントストラットタワーバーやアンダーフロア前後のブレースなどで補強を加え、そこにトヨタがロータスへ提供している2ZR-FE型1.8リッター直4+スーパーチャージャー+6速MTを逆輸入するような形で搭載。156kW(212馬力)/6800rpm&250N・m(25.5kg-m)/4800rpmという、「GR」シリーズの頂点に立つ「GRMN」の名にふさわしい最高出力&最大トルクを実現している。

ヴィッツGRMNのエンジン画像はこちら

 また、ZFザックス社製ダンパーやトルセンLSD、フロント対向4ポットブレーキキャリパー&スリット入り大径ディスク、BBS製17インチ鍛造アルミホイールを装着し、電動パワーステアリングやVSC(横滑り防止装置)も専用チューニングすることで、運動性能と走りの質感を大幅に向上させた。

 エクステリアは「GR」シリーズ共通のイメージとしながら空力性能を高めたもの。インテリアにもホールド性が高い専用のスポーツシートを採用するなど、機能本位のチューニングを施している。

 車両本体価格は消費税8%込みで400万円と、ヴィッツとしては高価ながら内容を考えればバーゲンプライスそのもの。150台の限定枠に対し20倍超もの申し込みがあったという。

2)MUGEN RR

 ホンダ直系ワークス「無限」初のコンプリートカーとして2007年6月に発表された「RR(ダブル・アール)」は、FD2型ホンダ・シビック・タイプRをベースとして、K20A型2.0リッター直4エンジンのカムプロフィールを変更。バルブスプリングも専用品としたほか、吸排気系も全面的に変更することで、元来超高回転高馬力型エンジンであるベースエンジンに対し15馬力&0.3kgmアップの177kW(240馬力)/8000rpm&218N・m(22.2kg-m)/7000rpmを達成した。なお6速MTも、ベース車よりさらにショートストローク化されている。

MUGEN RRのフロント画像はこちら

 軽量化も徹底しており、可変式リヤウィングやレカロ製セミバケットシートのみならずフロントバンパー&グリルにもオートクレーブ製法を用いたCFRP(炭素繊維強化樹脂)を採用。ボンネットもアルミ合金製とし、アルミホイールも鍛造品とすることで、重量増の要素を差し引いてなお、約15kgもの軽量化を果たしている。

 さらに、減衰力5段階調整機構が与えられた専用サスペンション、内部骨格をRR専用としたブリヂストン・ポテンザRE070、リム幅を0.5J拡大し8Jとした鍛造アルミホイール、スリット入りローターと耐熱性を高めたパッド、ミクロメッシュブレーキラインで構成される専用ブレーキなどで、シャシー性能も全面的に強化。エアロパーツも前後マイナスリフトを達成するほどの本格派だ。

 300台限定で同年9月に発売されたこのRR、価格は消費税8%込みで477万7500円だった。

MUGEN RRの内装画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報