「男性の理解不足」か「女性のわがまま」か? 男女で意見が分かれるクルマのオプション7選 (2/2ページ)

クルマでの移動をラクにする装備も女性には嬉しいものばかり

5)パーキングアシスト機能

 続いては、男性でこれが欲しいという人はあまり見かけないのですが、女性は目を輝かせる人が多い、パーキングアシスト機能。つまり、半自動で車庫入れを行なってくれるという機能です。最近は白線がないところでも、事前に登録しておくとパーキングアシスト機能が使えるまでに進化していますが、ぶっちゃけまだ、上手な人なら自分でやったほうが速い、というのは変わりません。

【関連記事】一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

パーキングアシスト機能画像はこちら

 なので男性からは人気がない装備だと思うのですが、車庫入れが苦手な女性はもう、藁をもすがる思いなんです。四苦八苦したあげく、となりのクルマにぶつけるなんて最悪の事態に陥るくらいなら、少しくらい時間がかかろうが、オプション代を払ってパーキングアシストを付けたいと思うものなんですよね。

6)ハンズフリーリヤゲート

 次に、背が高い人にはなんの苦もなくできることですが、小柄な女性にとっては苦行でしかない、リヤゲートの開閉。これをラクにしてくれるハンズフリーリヤゲートは、かなり欲しい装備です。これまでは、リヤゲートの上のスイッチにも手が届かず、いちいちリモコンでスイッチを押して電動リヤゲートを開閉させていたのですが、このハンズフリー機能の登場によって、女性でも手を使うことなく、足の動作だけで開閉できるようになって大助かり。

ハンズフリーリヤゲート画像はこちら

 最初はちょっとコツがいるので、一発で作動しなくて文句を言いたくなるんですが、慣れてくればすごくラク。これでもう、手を目一杯伸ばして洋服がめくれ上がってしまったり、何度も開け閉めして筋肉痛になったりしなくなりました。

7)サイドバイザー

 さて最後は、意外に女性からの支持が高いサイドバイザー。クルマの窓についているヒサシのような装備です。雨の日でもちょっとだけ窓を開けて換気ができるので、コロナ禍でも注目されている装備なんですが、男性は「せっかくのクルマのデザインが台無しになる」という理由で、あまり付けたがらないんですよね。最近はデザインを壊さず、空力にも悪影響が少ないサイドバイザーも開発されているんですが、それでもまだちょっと抵抗がある人が多いようです。女性は、とくに小さな子供がいて車内でオムツ替えをする際などに、少しだけ窓を開けて換気をしたいもの。けっこう便利に使えるんですけどね。

サイドバイザー画像はこちら

 というわけで、女性が欲しいと思うオプション装備をご紹介しましたが、男性の皆さんはいかがでしたでしょうか? 自分では「いらないな」と思う装備でも、女性には欲しいと思うだけの理由があるんだな、と感じていただけたら嬉しいです。これからクルマ選びをする皆さんは、奥様や彼女と装備内容までしっかりと話し合ってみてくださいね。

名前:
まるも亜希子
肩書き:
カーライフ・ジャーナリスト/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
スバル・レヴォーグ
趣味:
サプライズ、読書、ホームパーティ、神社仏閣めぐり
好きな有名人:
松田聖子、原田マハ、チョコレートプラネット

画像ギャラリー


新着情報