アウディA4シリーズにクリーンディーゼル登場! 環境性能と運動性能を両立

noteで書く
アウディA4シリーズにクリーンディーゼル登場! 環境性能と運動性能を両立

出力の異なる2種類のディーゼルエンジンを用意

 アウディ ジャパンは、ミドルクラスセダン&ワゴン「A4/A4 Avant」にクリーンディーゼルエンジン搭載グレードを追加し発売した。

 2020年10月に商品改良が施され、エクステリアデザインを大幅刷新。存在感も大きく高め、フルモデルチェンジ並の変更となっている。インテリアも最新のインフォテインメントシステム“MIB3”を初採用。センタースクリーンはタッチパネルとなっており、操作性を向上させつつシンプルかつクリーンなコクピットデザインを実現した。

【関連記事】大きくイメージチェンジ! アウディA4シリーズが初の大幅改良を実施

ディーゼルエンジン仕様のA4アバント画像はこちら

 今回、充実したA4シリーズに初めてクリーンディーゼルエンジン“TDI”搭載モデルを追加した。出力のことなる2種類のエンジン、advancedとS lineというふたつのグレードを用意した。

 35 TDIはアルミニウム製クランクケースや鍛造ピストンを採用して20kg以上の軽量化を実現。最高出力163馬力/最大トルク380N・mを発揮し、7速Sトロニックを組み合わせた前輪駆動モデルとなる。ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)とリチウムイオンバッテリーを組み合わせた12Vマイルドハイブリッドシステムを備えている。エネルギー回生機能を高め、惰性走行時にエンジンを完全停止するなど環境性能も追求し、WLTCモードで17.1km/Lという燃費性能を誇る。

35TDIエンジン画像はこちら

 40 TDIは最高出力190馬力/最大トルク400N・mを発揮。トランスミッションは35 TDI同様7速Sトロニックとなる。駆動方式は、機械式センターデフと搭載したクワトロ(4輪駆動システム)を採用。力強い走りを楽しめる。0-100km/h加速は7.7秒、最高速度は241km/hを誇る(欧州仕様車)。

40TDIエンジン画像はこちら

 AdvancedはLEDの前後ライト、ダイナミックターンインディケーター、サイドスカートなどを標準化。従来のS lineよりもスポーティなスタイリングに。S lineはボンネットスリットや専用バンパー、チタンブラックのハニカムメッシュシングルフレームグリルなど、RSモデルのデザイン要素を受け継ぐスタイリングとなっている。インテリアはブラックグラスルックコンソールパネルを標準装備し、質感を高めた。

A4ディーゼルエンジン搭載モデルの車両本体価格(税込み)は下記の通り。

Audi A4 Sedan
35 TDI advanced 538万円
35 TDI S line 585万円
40 TDI quattro advanced 565万円
40 TDI quattro S line 612万円

Audi A4 Avant
35 TDI advanced 567万円
35 TDI S line 614万円
40 TDI quattro advanced 594万円
40 TDI quattro S line 641万円

画像ギャラリー


新着情報