Jeepグランドチェロキーの記念モデル「WK10thアニバーサリーエディション」を1月30日より発売

Jeepグランドチェロキーの記念モデル「WK10thアニバーサリーエディション」を1月30日より発売

専用装備などで魅力を高めた記念すべきモデル

 FCAジャパンは、JeepブランドのプレミアムSUV「グランドチェロキー」に、デビュー10周年を記念する特別モデル「WK10thアニバーサリーエディション」を設定し、1月30日(土)より発売する。リミテッド(コイルスプリング仕様)をベースに、価格(税込み)は、646万950円(ブライトホワイト)〜651万5950円(ダイアモンドブラッククリスタル)。

 現行型チェロキー(WK型)は2011年3月に日本市場で発売を開始し、今年で10周年を迎える。4輪独立懸架サスペンション、最適な駆動システム制御を簡単に選択可能なセレクテレインシステムを搭載するなど、最新の技術を積極的に採用してきた。これまでに2度のマイナーチェンジを経て、8速ATや新デザインのフロントマスクなど、熟成を重ねてきた。

 今回の特別モデルは、万が一の際の安心につながる前後ドライブレコーダー、WK10thアニバーサリーの刺繍入りプレミアムフロアマットを特別装備する。ボディ側面には、WK10thアニバーサリーバッジが貼り付けられている。

【関連記事】ジープ・グランドチェロキーが6年振りのマイチェンで5.7ℓエンジンを廃止

記念エンブレム画像はこちら

 ベースモデルはコイルスプリング仕様のリミテッド。レザーシートやアルパイン製プレミアムサウンドシステム、アダプティブクルーズコントロールが標準装備となっている。ボディカラーはブライトホワイトとダイアモンドブラッククリスタル(有償色/5万5000円高)の2色が設定された。

オーディオ画像はこちら

画像ギャラリー