ロータス・エリーゼ&エキシージにファイナルエディション登場! 走りをとことん追求した究極モデル

ロータス・エリーゼ&エキシージにファイナルエディション登場! 走りをとことん追求した究極モデル

運動性能を追求した熟成の最終モデル

 イギリスの名門「ロータス」を代表するスポーツモデルであるエリーゼ/エキシージ/エヴォーラが生産終了することが発表されている。また、新たなステップへ進むため、同社の象徴であるエリーゼとエキシージが、その歴史にピリオドを打つことになった。これらの伝統あるモデルに敬意を表し、より高出力なパワーユニット、優れた基本性能、そしてロータスの特徴である軽量を兼ね備えた3台のファイナルエディションを発売する。

 究極のエリーゼ&エキシージとして、これまで培ってきたノウハウを惜しみなく注ぎ込んだ特別モデルとなっている。エリーゼスポーツ240・ファイナルエディションは、インテリアにふたつのモードから選択可能となるTFTデジタルダッシュボードを備えている。ひとつは従来のメーター表示のようなタイプと、レーシングカーのようにシフトタイミングがわかりやすい表示タイプの2種類から選択可能だ。

【関連記事】ロータスが超軽量スポーツの「エキシージ スポーツ350」を発売!

レーシーなメーター画像はこちら

 ステアリングも新デザインとなり、革とアルカンターラの両方を用いたデザインを採用。コンパクトなボディが特徴のエリーゼだが、背の高いドライバーにも対応できるようフラットボトム化しており、レーシングカーのような雰囲気もプラスされている。すべてのモデルにファイナルエディションのビルドプレートを装着し、新しいシートトリム&ステッチパターンで仕立てられている。

インパネ画像はこちら

 また、パワーユニットにも手が加えられており、エリーゼスポーツ220に対し23馬力アップとなっている。最高出力は243馬力/最大トルク244N・mを発揮。1.8リッタースーパーチャージャーエンジンの秘めた性能を引き出した仕様に生まれ変わった。パワーウェイトレシオは1トンあたり263.6馬力となり、0-100km/h加速は4.5秒という加速性能を誇る。

 エクステリアは、10本スポークの軽量鍛造アルミホイール(フロント6J×16インチ、リヤ8J×17インチ)を標準装備。これまでのエリーゼスポーツ220に装着されていた標準ホイールよりも1本あたり0.5kgの軽量化を実現。ヨコハマ・アドバンスポーツV105(フロント195/50R16、リヤ225/45R17)を組み合わせる。

ホイールなど画像はこちら

 また、オプションとしてカーボン製アクセスパネル/テールゲート/シルカバー、リチウムイオンバッテリー、ポリカーボネート製リヤウインドウを装着することで、さらならる軽量化も可能に。すべて装着することで、922kgから898kgまでシェイプアップできる。

 もう1台、エキシージのファイナルエディションは、エキシージスポーツ390と420のふたつが用意される。エリーゼ同様に個性的なボディカラーやオリジナルのエクステリアデカール、2種類の新デザインホイールが設定されている。両モデルにはTFTデジタルダッシュボード、ファイナルエディションビルドプレート、新しいステアリングおよびシートトリム&ステッチパターンを装備する。

エキシージ2台画像はこちら

 パワーユニットは3.5リッターV6スーパーチャージャーエンジンを搭載。軽量ボディと相まって強烈な加速を実現し、パワーアシスト機能なしのステアリングによって、ダイレクトな走行フィーリングが得られる。

 エキシージスポーツ390ファイナルエディションは、エキシージスポーツ350まの後継モデル。最高出力は402馬力、最大トルクは420N・mを誇る。従来モデルから52馬力アップとなり、1138kgのボディと組み合わせることで、最高速度277km/h、0-100km/h加速は3.8秒となっている。

 エアロダイナミクスを追求し、リヤ70kg、フロント45kg、合計115kgというダウンフォースを最高速度にて発生。この力を確実に路面へ伝えるため、10スポーク軽量鍛造アルミホイール(フロント7.5J×17インチ、リヤ10J×18インチ)と、ミシュラン・パイロットスポーツ4(フロント205/45RZR17、リヤ265/35ZR18)を装着している。

フェンダーのエンブレム画像はこちら

 エキシージスポーツ420ファイナルエディションは、エキシージスポーツ410の後継モデルとなり、エキシージの最速モデルとなる。パワーユニットは10馬力アップとなる426馬力/最大トルク427N・mを発生する。足まわりには前後にアイバッハ製アジャスタブルアンチロールバー、ナイトロン製3WAYアジャスタブルダンパーを前後に装備。また、10スポーク軽量鍛造アルミホイール(フロント7.5J×17インチ、リヤ10J×18インチ)と、ミシュラン・パイロットスポーツカップ2(フロント215/45ZR17、リヤ285/30ZR18)を組み合わせている。

 ブレーキは、APレーシング製を採用。前後ともに4ポッドキャリパー&2ピースJフックベンチレーテッドブレーキディスクを装備し、安定したペダルタッチと高い制動力をもたらしてくれる。

 各モデルの車両本体価格(税込み)は、下記の通り。

エリーゼスポーツ240ファイナルエディション 777万7000円
エキシージスポーツ390ファイナルエディション 1177万円
エキシージスポーツ420ファイナルエディション 1397万円

画像ギャラリー