プジョー208&e-208が仕様変更! ガソリンエンジン車はWLTCモード燃費が向上

プジョー208&e-208が仕様変更! ガソリンエンジン車はWLTCモード燃費が向上

装備の仕様変更で魅力アップ

 グループPSAジャパンは、プジョーブランドの人気コンパクトハッチバック「208」および「e-208」のグレード名変更や、ガソリンエンジンモデルのWLTCモード燃費値向上など、商品改良を行った。

 今回、ガソリンエンジン車は燃費を5%アップさせている。全グレードにおいて、WLTCモードで17.0km/Lから17.9km/Lにアップ。排ガス基準は四つ星レベル(50%低減認定車)となり、エコカー減税の対象となっている。

 また、各グレードにおける変更や装備追加も行っている。これまで最上級モデルはGT Lineという呼称だったが、新たにGTへ変更。それに合わせて車体各部のエンブレムもGTとなった。また、17インチアロイホールはダークグレーとなる(e-208 GTのホイールカラーに変更はなし)。また、前席シートヒーターを標準装備としている。

【関連記事】プジョー新型208/e-208が発売開始! 「パワートレインを選択する自由」を提供

208GT画像はこちら

 また、アリュールはGT同様に燃費改善とエコカー減税の対象に。受注生産のスタイルはヘッドライトがLEDとなり、16インチアロイホイールもグレーカラーとなる。

208スタイル画像はこちら

各モデルの税込み価格は下記の通り。

208スタイル 249万9000円
208アリュール 262万9000円
208GT 299万円
e-208アリュール 389万9000円
e-208GT 426万円

画像ギャラリー