「走っていれば雨が入ってこない」というオープンカーの噂は本当か? (1/2ページ)

「走っていれば雨が入ってこない」というオープンカーの噂は本当か?

80km/h以上をキープできればほどんど雨は入ってこない

 新緑の頃から初夏にかけては、オープンカーの幌を空けて走るのに気持ちがいい季節(花粉症の人は別)。しかし、春から秋にかけては雨が降りやすい時期でもある。

 オープンカーを所有していると、「オープンで走っているときに雨が降ってきたらどうするの?」とよく聞かれるが、雨が降ってきたら、あるいは雨が降りそうなときは幌を閉めるのがデフォルトだ(当たり前だが)。

 さらに、「高速で走っていれば雨に濡れないってホント?」という質問を受けることがあるが、少なくとも一般道で多少流れているぐらいの速度では、確実に車内に雨が入ってくる。

【関連記事】屋根の開閉でひと苦労! せっかくのオープンカーなのに開ける気がおきないクルマ3選

幌を開けたオープンカーのイメージ画像はこちら

 ただ経験的に80km/h以上をキープできれば、オープンにしていても車内にほとんど雨は入ってこないのも事実。

 ある程度、速度が高くなると、走行風によって生じる気流がエアカーテンのようになって、車内に雨の侵入を防ぐからだ。

画像ギャラリー