RAI’Sのモデルカー最新作は機動隊の大型人員輸送車! 神奈川県警仕様で400台のみの限定発売

RAI'Sのモデルカー最新作は機動隊の大型人員輸送車! 神奈川県警仕様で400台のみの限定発売

細かなプレートなど細部までこだわったファン必見の1台

 魅力的なモデルカーを多数ラインアップするヒコセブン。同社のオリジナルブランド「RAI’S」より、レジン製43分の1スケール「いすゞ エルガミオ 2020 関東管区機動隊大型人員輸送車両(神奈川管1-08)」を、400台限定で発売する。直営店のモデルギャラリーHIKO7および全国の模型取扱店にて予約受付中だ。

 今回モデル化された車両が所属する管区機動隊とは、北海道警察および警視庁除く各県警で勤務する警察官が、大規模警備や災害時に府県の垣根を超えて広域で活躍する機動隊。全国7管区に分けられているが、関東管区内・神奈川県警で運用されている車両を43分の1スケールで再現した。関東管区は茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、神奈川、新潟、山梨、長野、静岡の10県警察で編成されている。

【関連記事】大型パトカー? 護送車? 街で見かける「青と白のバス」の正体とは

リヤビュー画像はこちら

 神奈川県警で運用されている車両は、車体の周りに関東管区のマークである赤ダイヤが備わり、車両番号や県警マークもほどこされている。運転席には、関東管区機動隊のプレートが置かれるなど、細部までこだわっている。

フロントビュー画像はこちら

 43分の1スケールというミニカーの標準的なサイズながら、大型車のため約22cmというビッグスケール。わずか400台限定で、2万6400円となっている。高価ではあるが、警察車両ファンはぜひコレクションに加えてみてはいかがだろうか?

画像ギャラリー