アルピーヌF1チームの移動用車両をモチーフにした2トーンボディ! 日本専用「アルピーヌA110S ビトン リミテ」24台限定発売 (1/2ページ)

アルピーヌF1チームの移動用車両をモチーフにした2トーンボディ! 日本専用「アルピーヌA110S ビトン リミテ」24台限定発売

この記事をまとめると

■アルピーヌA110Sをベースにした日本専用限定モデルが発売

■3色のボディカラーと2色のルーフカラーを組み合わせた2トーンカラーが特徴

■限定台数は3色のボディカラー合計で24台、先着順でオーダー受付け中

3色のボディカラーと2色のルーフカラーの組み合わせ

 アルミ製プラットフォームとアルミボディの採用による軽量でコンパクトなボディと、最高出力292馬力のハイパワーエンジンをミッドシップに搭載することで実現した高い運動性能が人気のアルピーヌA110。

 そんなアルピーヌA110に、日本専用となる限定モデル「アルピーヌA110S ビトン リミテ」が登場した。

【関連記事】ミニに500にNSX! 昔の名車の名を引き継ぐリバイバル車はドコを引き継ぎ何が違うのか?

アルピーヌA110S ビトン リミテのフロントスタイリング画像はこちら

※写真はブルー アルピーヌM/ノワール

 アルピーヌA110S ビトン リミテは、アルピーヌA110Sをベースに、ボディとルーフが2トーンに塗り分けられたエクステリアが最大の特徴だ。

 2トーンカラーのエクステリアデザインは、アルピーヌF1チームのドライバー達が、ヨーロッパのレースで移動する際に使用するクルマ「トラックサイドカー」から着想を得たもの。日本のために用意される3色のボディカラーと2色のルーフカラーの組み合わせは、ブルー アルピーヌM/ノワール プロフォンM、ブラン イリゼM/ノワール プロフォンM、ブルー アビスM/グリ トネールMとなる。

アルピーヌA110S ビトン リミテのリヤスタイリング画像はこちら

※写真はブラン イリゼM/ノワール プロフォンM

画像ギャラリー