新車は千万超えの超高級車が10分の1の激安中古相場! そんなクルマを買っても大丈夫? (1/2ページ)

新車は千万超えの超高級車が10分の1の激安中古相場! そんなクルマを買っても大丈夫?

この記事をまとめると

■新車時は数千万円した超高額車が中古車市場では数百万円になっている例がある

■車両本体価格が下がっても部品代や工賃などのメンテナンス代は安くならない

■単なる不人気での価格低下なら問題ないが、固有のトラブルを抱えている場合は要注意

新車時1000万円超のフェラーリやベントレーが「数百万円」!?

 クルマの値段はピンからキリまで存在し、新車価格が100万円を切るようなお手頃価格の車両から、上を見れば数千万から億単位の金額が付けられたものまで非常に幅広い。

 ただし、そんな超高額モデルでも、中古車となって価格が下がってくるものも存在しており、中古車情報を見ていると、頑張れば手が届きそうなモデルが見つかることも珍しくない。

 中には新車時の価格の10分の1程度まで価格が下落しているものもあるため、購入時に必要な金額だけを見ると、国産車の新車と同じくらいの出費ということで心が揺らぐ人もいるのではないだろうか。では、果たして実際そういったクルマを購入することはアリなのだろうか?

【関連記事】新車時は手が出ないが中古なら半値以下! 庶民がスーパーカーに手を出すとどうなる?

フェラーリ456GTAのフロントスタイリング画像はこちら

 その前に大前提として知っておいて欲しいところとしては、いくら中古車価格が大きく下がっているからと言って、メンテナンスにかかる費用は下がらないという点だ。

 例えば、“元”超高級車の何かしらのパーツが壊れたとして、ディーラーに修理を依頼した場合、部品代や時間工賃などは当然ながらその超高級車のディーラーに準じた価格が請求される。

 中古車市場での価格が10分の1になったからと言って、修理代は決して10分の1になることはないし、むしろ年数や走行距離のかさんだ個体であれば、修理が必要なトラブルが発生する確率は上がっていることを肝に銘じなければならない。

ベントレー・コンチネンタルGTのフロントスタイリング画像はこちら

 もちろん、部品の流用情報や純正同等品の補修パーツなどが存在する場合もあるし、ディーラー以外の修理工場にお願いするという手段もあるが、どちらにせよそういった情報収集ができる知恵とコネクションが必要になることだろう。

画像ギャラリー