クルマのテーマパークが千葉県に爆誕! いま話題の「ポルシェエクスペリエンスセンター」とは (1/2ページ)

クルマのテーマパークが千葉県に爆誕! いま話題の「ポルシェエクスペリエンスセンター」とは

この記事をまとめると

■ポルシェエクスペリエンスセンター東京は世界で9番目のポルシェの施設となる

■事の発端はテストコースの建設がキッカケだった

■サーキット内にある施設や完全にオリジナルなど性格の異なる施設が世界中にある

テーマパーク王国千葉県にポルシェが介入した真意とは?

 千葉県木更津市に今年10月1日にオープンしたポルシェの新しいブランド体験施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」。概要についてはすでにいくつかのメディアで報じられているが、なぜポルシェがこのような施設を作ったのか、不思議に思っている人もいるだろう。

【関連記事】「やっぱポルシェは空冷だよ」はナゼ? 渋滞で「地獄」を見ても乗りたくなる理由とは

ポルシェエクスペリエンスセンター東京外観画像はこちら

 僕もそのひとりだったので、世界で9番目に設立されたということが気になって、他の施設を調べてみることにした。そもそもこの施設は、ポルシェがカイエンを生産すべく、旧東ドイツのライプツィヒに建設した工場に、テストコースを用意したことがきっかけだったようだ。

カイエンテスト画像はこちら

 ここはメーカーがテストで使うだけでなく、最新のポルシェをドライブしたり、インストラクターからドライビングレッスンを受けたりすることができた。評判はしだいに広がり、いまやトリップアドバイザーに観光名所として載っているぐらいだ。

エクスペリエンスセンタードライブ風景画像はこちら

 でもプロモーションを考えれば、ヨーロッパの東のほうに位置するライプツィヒは、ポルシェのユーザーが集結している地域とは思えない。

 ポルシェもそれは感じていたようで、スポーツカー好きが集まるル・マンやシルバーストンといった名門サーキットにも、ミニサーキットを活用する形で同様のメニューを展開。そして巨大マーケットであるアメリカではアトランタとロサンゼルスに、自前のコースを作ってサービスの提供を始めた。

エクスペリエンスセンターアトランタ コース図画像はこちら

画像ギャラリー