フェイスリフトで個性とタフネスさを大幅アップ! シトロエンC3エアクロスSUVがマイナーチェンジ (1/2ページ)

フェイスリフトで個性とタフネスさを大幅アップ! シトロエンC3エアクロスSUVがマイナーチェンジ

この記事をまとめると

■シトロエンC3エアクロスSUVがマイナーチェンジで新世代フェイスへと変化

■C5エアクロスSUVとC3に続いてアドバンストコンフォートシートを採用

■グレードをSHINEに統一してパッケージオプションを設定

シトロエンの新世代フェイスを初採用

 2017年のデビュー以来、これまでに33万台を販売し、競争の激しいBセグメントのコンパクトSUVのカテゴリーで強烈な存在感を放っているシトロエンC3エアクロスSUV。そんなシトロエンC3エアクロスSUVがビッグマイナーチェンジを実施し、シトロエンの新時代ブランドフェイスへと衣装変更した。

【関連記事】スズキでプジョーとGMを販売! マツダでシトロエンとランチアが買えた! かつて日本車ディーラーで「輸入車」を売った時代があった

シトロエンC3エアクロスSUVのフロントスタイリング画像はこちら

 新しいC3エアクロスSUVは、フロントフェイスのデザインを一新。これまで以上に個性的で、さらにタフネスであることを主張するデザインとなった。そのフェイスは、2016年のパリサロンで公開されたコンセプトカー「CXPERIENCE」にインスパイアされたものであり、これからのシトロエンのシグネチャーを象徴するデザインとなっている。

 シトロエンのロゴでもあるダブルシェブロンからサイドにV字状に伸びるクロームのラインは、上がデイタイムライト、下がLEDヘッドライトへとつながり、シトロエンらしい個性を主張。また、グリル内部のルーバーの縦方向のラインを強調したことで、SUVらしいタフネスさを表現する。フロントバンパー下部のスキッドプレートをイメージしたバンパーは、これまでよりも直線的となり、モダンな印象をC3エアクロスSUVに与えている。

シトロエンC3エアクロスSUVの真正面スタイリング画像はこちら

 リヤデザインはこれまでのイメージを引き継ぐが、リヤクォーター部の装飾が変更され、全体としてシックな方向にイメージチェンジした。

シトロエンC3エアクロスSUVのリヤ走行シーン画像はこちら

画像ギャラリー