人気のキャンピングカー市場に殴り込み! フィアットプロフェッショナルがデュカトを正規導入 (1/2ページ)

人気のキャンピングカー市場に殴り込み! フィアットプロフェッショナルがデュカトを正規導入

この記事をまとめると

■フィアットの商用車「デュカト」が上陸

■キャンピングカーベースとして導入される

■販売店などを通じてキャンピングカー仕様にカスタムできる体制を整えるという

ベストセラー商用車がキャンピングカーベースとして上陸

 ここ数年、キャンプをはじめとしたアウトドアが大ブームとなっている。ひとりで楽しむソロキャンから、家族や友人で楽しむ大所帯のキャンプなどなど、そのスタイルはさまざまだ。

 そして、道具の多いキャンプシーンに欠かせないのがクルマの存在だ。テントで寝るのが好きな人も多いのだが、やはりクルマの中で足を伸ばして寝る方が快適度は上になる。バンなどをカスタムして車中泊仕様にする人も大勢いるが、その究極形となるのが「キャンピングカー」だろう。軽トラックや軽バンをはじめ、ミニバンなどをベースにオリジナルの1台を仕上げる人もここ数年かなり増えてきている。

 そんなベースにピッタリな最高の1台が日本に上陸した。それが、フィアットがプロフェッショナルシリーズとして商用向けに展開するモデルである「デュカト」だ。

【関連記事】魅力と苦労は表裏一体! オーナーだけが知っているキャンピングカーの「困難」5つ

デュカト全体画像はこちら

 ベストセラー商用車として愛されているデュカトは、新たにデュカト専用の販売ネットワークを構築すると発表。デュカト専用の販売ネットワークは、車両架装を専門とする法人、既存のFCAジャパン並びにグループPSAジャパンの正規ディーラーなどを主な候補として全国から幅広く募集し、未架装のメーカー希望小売価格は469万円(税込)。デリバリー開始は2022年下半期を予定している。

 じつはこのデュカト、欧州ではキャンピングカーの定番モデルであり、デュカトをベースとしたキャンピングカーは日本でも人気が高い。そのため、キャンピングカーに架装された数多くのデュカトが並行輸入されている。オートキャンプ場で見かけた人も多いのではないだろうか。

 デュカトには、大型グリルや新しいスキッドプレート、そしてイタリアのアテッサ工場で製造されたことを示す象徴的なフィアットのエンブレムなどが装着され、イタフラファンのみならず、購入者すべてに高い所有欲をもたらしてくれるはずだ。高性能なフルLEDテクノロジーを採用した新しいヘッドライトは3つのセクションに分割されており、下部のヘッドライトはLEDライトガイドとして機能することで、デュカトならではのライトシグネチャーを表現。従来型のハロゲンヘッドライトと比較して30%以上明るくなっているとのこと。

デュカト全体画像はこちら

 ボディカラーは、1色の標準ソリッドカラーに加え、2色の特注ソリッドカラー、3色のメタリックカラーから選択できる。

画像ギャラリー


新着情報