7.3リッターで760馬力のアストンマーティンは1億2200万円也! 77台限定の「ONE-77」って何者? (1/2ページ)

7.3リッターで760馬力のアストンマーティンは1億2200万円也! 77台限定の「ONE-77」って何者?

この記事をまとめると

■アストンマーティンはハイパーカーシリーズの先駆けとして2008年にONE-77を発表

■760馬力の7.3リッターV12を搭載し、価格は100万ポンド(約1億2200万円/当時)

■ティーザーを展開した後に公開されたONE-77は芸術的なデザインのハイパーカーだった

100万ポンドのアストンマーティンという衝撃

 アストンマーティンONE-77。現在では1000馬力オーバーのパワースペックを誇る、いわゆるハイパーカーの存在にも我々は十分に慣れてしまった感があるが、2008年のジュネーブショーでアストンマーティンから100万ポンドというこのONE-77の価格(当時のレートで約1億2200万円)を聞いたときの衝撃は相当なものだったと記憶している。

【関連記事】人生「勝ち組」でも水面下の「苦労」はハンパない! 思ったよりラクじゃない「スーパーカー乗り」の悲哀5つ

アストンマーティンONE-77の走行シーン画像はこちら

 そしてその後、アストンマーティンからは、それに搭載されるエンジンが7.3リッターのV型12気筒が自然吸気であることや、ほかのアストンマーティン車とは異なり、カーボンモノコックを基本構造体として用いること。そして何より、そのエレガントにしてダイナミックなボディデザインがオフィシャルフォトで明らかにされると、スーパーリッチの目はこのわずかに77台が生産されるモデルに釘づけになったのだった。

アストンマーティンONE-77のプラットフォームの透視イラスト画像はこちら

 現在のアストンマーティンは、通常のシリーズモデルのほかにヴァルキリーやヴァルハラといった、いかにもF1マシン直系ともいえるモデルの限定生産の渦中にあるが、ONE-77はこれらの先駆といってもよいモデルだ。

アストンマーティンのブースに展示されたヴァルキリーとF1マシン画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報