アルファロメオのSUVに伝統のネーミングを付与! ステルヴィオに新グレードの「Ti」を追加 (1/2ページ)

noteで書く
アルファロメオのSUVに伝統のネーミングを付与! ステルヴィオに新グレードの「Ti」を追加

この記事をまとめると

■アルファロメオ・ステルヴィオに新グレードの「Ti」が設定された

■ボディ同色のエクステリアミラーハウジングや新意匠の20インチアルミホイールを装備

■あわせて「ヴェローチェ」と「クアドリフォリオ」の仕様も変更した

アルファロメオの高性能モデルに与えられる名前「Ti」

 2018年にアルファロメオのSUVとしてラインアップに加わった「ステルヴィオ」。2022年2月には弟分である「トナーレ」も発表され、アルファロメオのラインアップのなかでも存在感を示している。そんなステルヴィオは、デビュー当時よりアルファロメオらしい卓越した運動性能と先鋭的なイタリアンデザインで人気を博してきたが、この度、新たなモデルとして「ステルヴィオTi」の追加が発表された。

【関連記事】よもや200万円台で買ったとは思うまい! 庶民が確実に見栄を張れる「ゴージャス感」全開の輸入中古セダン4台

アルファロメオ・ステルヴィオTiのリヤスタイリング画像はこちら

 ステルヴィオに新たに加わることとなる「Ti」は、アルファロメオのファンにとってはお馴染みのグレードで、「Turismo Internazionale」の頭文字ををとったもの。これは、伝統的にアルファロメオの高性能モデルに与えられてきた呼称であり、この「Ti」の名前が与えられたモデルは、あらゆる道をスポーティかつ快適に駆け抜けるクルマに仕上げられていた。そして最新の「Ti」であるステルヴィオTiもまた、元来備わっているスポーツ性と上質さをあわせ持つ、グランドツアラーとなっているようだ。

アルファロメオ・ステルヴィオTiの走行シーン画像はこちら

 ステルヴィオTiは、ボディ同色のエクステリアミラーハウジングや新意匠の5ホール20インチアルミホイールなどの採用により、エレガントなたたずまいのなかにフットワークの良さを感じさせるルックスに仕上げられている。

アルファロメオ・ステルヴィオTiのホイール画像はこちら

 インテリアには、シリーズで唯一となるグレーオークのウッドパネルやナチュラルレザーシート(前席シートヒーター付)を装備。また、シート色にはブラックの他にも専用のチョコレート色が設定され、ブラック基調のインテリアとのコンビにより上質な空間を演出してくれる。

アルファロメオ・ステルヴィオTiのインテリア画像はこちら

 その他の装備については、オートハイビーム機能付のバイキセノンヘッドライト、ステアリングヒーター付スポーツレザーステアリングホイール、ナビゲーションシステムなどの快適装備に加え、トラフィックジャムアシストやハイウェイアシスタントシステムなど、先進の運転支援装置も採用されており、快適で安心のドライブも可能になっている。

noteで書く

画像ギャラリー


新着情報