「死ぬまでに一度は乗りたいクルマ何ですか?」 フランス車にどハマリしたジャーナリストは「マトラソプラノ」のV12エンジン搭載車を選んだ (1/2ページ)

noteで書く
「死ぬまでに一度は乗りたいクルマ何ですか?」 フランス車にどハマリしたジャーナリストは「マトラソプラノ」のV12エンジン搭載車を選んだ

この記事をまとめると

■ライター陣に「死ぬまでに一度は乗りたいクルマ」を聞く本連載

■今回はフランス車を愛する森口将之さん

■選んだのは「マトラソプラノ」と称されるマトラV12搭載のレーシングカーだった

乗りたいクルマはずっと前からマトラのレーシングカー

 死ぬまでに一度は乗りたいクルマは、僕の場合かなり前から決まっている。マトラのV12を積んだレーシングカーだ。

【関連記事】「死ぬまでに一度は乗りたいクルマ何ですか?」 犬とハワイを愛するモータージャーナリストがベタ惚れする1台

マトラMS120のフロントスタイリング画像はこちら

 マトラはもともと、第2次世界大戦直後に航空宇宙開発の会社として設立され、ミサイルメーカーとして有名になった。それが自動車業界に参入したのは、グループ会社が史上初のミッドシップロードカー、ルネ・ボネ・ジェットのFRPボディ製作を担当していたことがきっかけだったという。

ルネ・ボネ・ジェットのフロントスタイリング画像はこちら

 マトラはルネ・ボネを買収して自動車業界に参入すると、レーシングカーの開発も始める。そして1969年にはF1ワールドチャンピオン、1972年からは3年連続でル・マン24時間レース総合優勝という、歴史に残る結果を残した。

 その後はリジェなどにエンジンを供給し、ロードカーではミッドシップスポーツのバゲーラやムレーナを送り出したあと、ルノーと提携して自社開発生産のミニバンをエスパスとして販売。欧州ミニバンのパイオニアとしてヒットに結びつけた。

ルノー・エスパスのフロントスタイリング画像はこちら

 しかしルノーはその後、エスパスを自社開発生産に移行することを決定。マトラはエスパスをベースとしたクーペであるアヴァンタイムの生産を担当したが、2年間で8000台あまりしか売れず、自動車業界から撤退してしまった。

名前:
森口将之
肩書き:
グッドデザイン賞審査委員
現在の愛車:
1971シトロエンGS/2002ルノー・アヴァンタイム
趣味:
ネコ、モーターサイクル、ブリコラージュ、まちあるき
好きな有名人:
ビートたけし
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報