マセラティのまったく新しいSUVは800万円台後半で2023年デリバリー! 全長5m切りを達成したグレカーレを世界初公開 (1/2ページ)

noteで書く
マセラティのまったく新しいSUVは800万円台後半で2023年デリバリー! 全長5m切りを達成したグレカーレを世界初公開

この記事をまとめると

■マセラティから新型SUVとなるグレカーレが発表された

■内燃機関版、ハイブリッド、そしてBEVの3タイプのドライブトレインを用意する

■日本での予約受注は6月上旬から、価格は800万円台後半からを予定

話題のマセラティの新型SUVが世界初公開

 イタリアで唯一のラグジュアリーカーブランドであることを公言するマセラティのラインアップに大きな変化があったのは2016年のことだった。それまでセダンとスポーツカーを中心としたラインアップにSUVのレヴァンテが加わったのだ。レヴァンテは、マセラティらしいプレミアム性とスポーティさを合わせモデルとして人気を博し、マセラティのラインアップになくてはならないモデルとなっている。

 そして2022年、マセラティが新たなSUVを市場に投入する。それが3月22日にワールドプレミアされたグレカーレだ。

【関連記事】ベースの「エンツォ・フェラーリ」を超えた美しさ! MC12というマセラティの至宝

マセラティ・グレカーレのワールドプレミアの1シーン画像はこちら

 マセラティ・グレカーレは、”The Every day Exceptional(毎日が格別)”のコンセプトのもとに開発されたまったくの新しいSUVであり、エレガンスとパーフォーマンス、汎用性、そして革新性をバランスさせながら、性能と快適性、安全性を確保。類まれなオフロード性能と妥協ないドライビングプレジャーの提供を実現している。

 そんなグレカーレは、内燃機関版とハイブリッドに加え、マセラティ初のBEVもラインアップされる。先だって発表されたのは内燃機関版とハイブリッド版であり、300馬力の直4マイルドハイブリッドエンジンを搭載した「GT」、330馬力の直4マイルドハイブリッドエンジンを搭載する「モデナ」、MC20にも搭載されるネットゥーノエンジンをベースにした530馬力3リッターV6を搭載する「トロフェオ」の3モデルが発表されている。

マセラティ・グレカーレ・トロフェオの3リッターV6エンジン画像はこちら

 BEV版の「フォルゴーレ」登場は1年後となる予定だ。

マセラティ・グレカーレ・フォルゴーレのプラットフォーム画像はこちら

 BEV版である「フォルゴーレ」のスペックに関しての詳しいアナウンスはまだないが、こちらもマセラティらしい官能性を持ったモデルになるであろうことは想像に難くない。

noteで書く

画像ギャラリー


新着情報