中古車の平均取引価格が過去最高の100万円超え! 高騰の原因と「この先下がるのか」を探った (1/2ページ)

中古車の平均取引価格が過去最高の100万円超え! 高騰の原因と「この先下がるのか」を探った

この記事をまとめると

■中古車の平均取引価格が過去最高の100万円を上まわった

■新車の納期遅延や、コロナ禍による生活様式の変化が起因していると考えられる

■中古車市場の現状について解説する

90年代のスポーツカーの価格が上昇

 中古車の平均取引価格が、過去最高の100万円を上まわったというニュースが流れたのは先月のこと。これは新車の納期がかかっていることや、コロナ禍でパーソナルな移動手段が求められていることなどさまざまな要因が折り重なった結果と言えるのだが、果たしてこの状態は今後も続くのだろうか?

 まずホビー系、つまり趣味のクルマについてだが、価格上昇の一端を担っているのは言うまでもなく海外への輸出が解禁となった90年代のスポーツカーたちだろう。

【関連記事】どう考えても安すぎ! 「ひと桁万円」もある激安中古車のカラクリと品質の謎

中古車価格は今後とも上がり続けるのか画像はこちら

 また国内でもコロナ禍となったことでクルマ趣味への回帰も見られており、若い頃に乗っていた、もしくは憧れたあの車種を今乗りたい、という層が増えてきていることも影響しているようだ。

 もちろんこういった層のユーザーは決して多いわけではないものの、そもそもの90年代の国産スポーツカー自体が減少の一途をたどっており、当然ながら状態の良いものはどんどん減っていっているため、このような趣味のクルマたちの価格は上げ止まることはあっても、大きく下がることはないだろう。

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報