ノーマルで300km/hを記録する市販車も! 日本屈指の国際サーキットの走り方をレーシングドライバーが伝授 (1/2ページ)

ノーマルで300km/hを記録する市販車も! 日本屈指の国際サーキットの走り方をレーシングドライバーが伝授

この記事をまとめると

■富士スピードウェイは1.5kmのストレートをもつ国際格式のサーキット

■市販車でもハイパワーなクルマは300km/hを超える

■レーシングドライバーの中谷明彦さんが各コーナーの走り方を伝える

数々の伝説を目撃した日本屈指の高速コース!

 サーキット走行の一丁目一番地は「富士スピードウェイ(FSW)」だ。日本の象徴とも言えるシンボリックな富士山が眼前に展開する大パノラマの景観のなかで走る気分は格別だ。

 一周4.5kmの国際格式による本格的なサーキットで、F1GPを初め数多くの名レースを開催してきた。

 最大の特徴は1.5kmに及ぶ国内最長のストレートがあり、近年の超高性能ハイパフォーマンスカーの性能をフルに引き出せるのは富士スピードウェイしかないと言っても過言ではないだろう。ナンバー付き量産モデルでも300km/hの最高速を引き出せる唯一の高速サーキットなのだ。

 では各コーナーのポイントを解説していこう。

 まず第1コーナー(TGRコーナーと呼称されている)。長い直線で最高速に達したクルマを減速させ、正しいアプローチラインと旋回速度に合わせるのはプロドライバーにとっても難しい。1コーナー自体は半径27Rと小さく。旋回速度は速いレーシングマシンでも100km/h以下。ノーマルカーなら60〜80km/hで旋回する。問題は最高速が300km/h近くに達している場合、200km/h以上の減速を求められる。

【関連記事】レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

FSW1コーナーのインカー画像画像はこちら

 最高速が速ければ速いほど減速量が大きく、ブレーキングとシフトダウン変速が難しい。また急減速Gにより車体に大きなピッチングモーメントが加わり、後輪の荷重が減少して接地性が低下し前輪荷重が大きくなる。その結果、前輪ブレーキに大きな負担がかかるだけでなく、車体姿勢も不安定になりやすい。

 速度リミッター付の国産車なら減速は100km/h弱だから制御しやすいが、スーパーカークラスはレーシングカーよりコントロールが難しいのだ。

FSWの1コーナーを走るR34GT-R画像はこちら

 1コーナーアプローチ区間にはコース左サイドに250m、200m、150m、100m、50mと1コーナーまでの距離を示す看板表示があり、ノーマルカーなら250m手前からブレーキングを開始しなければならない。ダウンフォースの効いたスリックタイヤのレーシングカーなら100mからのブレーキングで間に合うが、スポーツラジアルタイヤのスーパーカーで300km/h近く出ていたら250mからでも間に合わない。その手前300mほどでアクセルオフして加速Gを無くし、空気抵抗で減速を初めて300mでブレーキを踏み始めるといったプロセスが必要になってくる。しかも周回を重ねるとブレーキ温度が高くなってフェードしやすく、300mでも間に合わなくなるなど変化が激しく現れるので最大限の注意が必要だ。

FSWの1コーナーへのアプローチ画像はこちら

 1コーナーのアプローチラインはクリッピングポイントが下っていて視認し難い。下りエリアに入った途端に前輪荷重が抜けてステアリング応答が低下するので切り増ししなければならず、見た目以上に難しいコーナーとなっている。

 2コーナーは75Rで直線的に通過。

富士スピードウェイの走り方画像はこちら

 続く3コーナー(コカコーラコーナー)は左80Rコーナーで難所としても知られる。クリッピングポイントを頂点としてコーナー出口が下っていてラインを視認できない。車速も3速、120km/h以上と高速で旋回するのでコントロールが難しい。

富士スピードウェイの走り方画像はこちら

 コーナー出口はランオフエリアが広く、失敗しても逃げる場所があるが、左サイドのイン側はガードレールが近く、スピンして「イン巻き」を起こすとクラッシュに繋がってしまう。

富士スピードウェイの走り方画像はこちら

 続く4〜6コーナー(トヨペットコーナー)は105Rの入り口から100R、95Rへと長く繋がっている超高速複合コーナー。かつては100Rとしてもっとも攻めるのが難しいコーナーとして多くのレーシングドライバーにとってチャレンジングなコーナーとして知られた面影を色濃く残している。

FSWの100Rの入口付近画像はこちら

 トヨペットコーナーもアウト側ランオフエリアは広く、安全性は向上しているが、イン側へのイン巻きは注意しなければならない。

FSWの100Rのインカー画像画像はこちら

 また6コーナーの出口は95Rと回り込み、低速のヘアピンコーナーである7コーナー(アドバンコーナー)へのアプローチする姿勢を安定させることが重要だ。ダウンフォースの効くフォーミュラカーならアクセル全開のまま抜けられるが、それ以外のマシンでは緻密なアクセルコントロールと正確なライン取りが求められるのだ。

FSWの100R立ちあがり画像はこちら

 ヘアピンコーナーも旧コースのレイアウトを色濃く残している。30Rの低速コーナーだが、コース幅がワイドで、必ずしもクリッピングポイントを取らなくても、ややRを大きくライン取りすればタイムロスなくクリアできる。ヘアピン出口の速度が続く高速300Rへの初速となるので、ライン取りよりボトムスピードを高く維持することが重要となる。

FSWのヘアピンコーナー画像はこちら

中谷明彦
名前:
中谷明彦
肩書き:
レーシングドライバー/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
マツダCX-5 AWD
趣味:
海外巡り
好きな有名人:
クリント・イーストウッド、ニキ・ラウダ

画像ギャラリー


新着情報