【試乗】ルーテシアの潜在能力「全解放」!? 新登場のE-TECH HYBRIDモデルがべた褒め必至のデキだった (1/2ページ)

【試乗】ルーテシアの潜在能力「全解放」!? 新登場のE-TECH HYBRIDモデルがべた褒め必至のデキだった

この記事をまとめると

■ルノーのコンパクトモデル、ルーテシア「E-TECH ハイブリッド」に試乗

■ルノー独自のハイブリッド機構は新感覚の走行性能と環境性能を両立したシステム

■静粛性と走りの軽快さはガソリンモデルよりも満足できる仕上がりに

F1由来のハイブリッド技術を搭載して魅力が増したコンパクトカー

 ルノー・ルーテシアは、Bセグメントに属するコンパクトハッチの中で、もっとも大人っぽくもっとも色気に満ちたモデルなんじゃないか、と思ってる。たとえばそれは、曲線と局面が巧みに組み合わせられることで構成される、センシュアルなスタイリング。

 たとえばそれは、チープさのようなものをほとんど感じることのない上質な仕立てのインテリア。

 たとえばそれは、もっと大きなクルマに乗ってるんじゃないかと錯覚しそうになるほどの安定感と疲れの少ない乗り心地。

 たとえばそれは、スポーツモデルでもないのにドライバーがさりげなく、けれどしっかり満足できる走りっぷり。

 未体験の人にはちょっとスタイリッシュな欧州製のコンパクトハッチにしか思えないかも知れないが、あらゆる面でクラスを超えた実力の持ち主でもあるのだ。

【関連記事】「パジェロはショーグン」「クリオはルーテシア」! 日本と海外で「違う車名」を名乗る3つの理由

ルノーのルーテシア E-TECH ハイブリッドの正面の写真画像はこちら

 ホメ過ぎ? いや、僕はちっともそうは思ってない。ホンダのフィットもトヨタのヤリスもとても出来映えのいいモデルだと感じてるし、値段の差が歴然としてることも重々承知しているけれど、総合的な満足度の高さからいえば、今のこのクラスのハッチバックでルーテシアを越えるクルマはちょっとばかり見当たらない。

ルノーのルーテシア E-TECH ハイブリッドの写真画像はこちら

 そのルーテシアに、いよいよハイブリッドモデルが追加されることになった。もちろんマイルドハイブリッドではなく、いわゆるフルハイブリッドだ。日本のこのクラスにはトヨタのヤリスやアクア、ホンダのフィット、日産のノート/ノートオーラといったさまざまなハイブリッドモデルが勢揃いしているわけだが、輸入車のこのサイズのハイブリッドモデルというのは希薄だ。

 そこに飛び込んできたルーテシア・ハイブリッド、正式にはルーテシアE-TECH HYBRIDの特徴はといえば、ルノーの独自開発によるちょっとばかり凝ったメカニズムと、そんなのまったく気にしてなくても気持ちよくドライブしていられる走りっぷり。

ルノーのルーテシア E-TECH ハイブリッドのバッジの写真画像はこちら

 どういうことか。このシステムを簡単にいうなら、1.6リッターの自然吸気エンジンとギヤボックスに2基のモーターを組み合わせたもの、となるだろう。が、その構造は“いったいなぜこうなった?”と思えるくらいに独創的だ。

 エンジンとメインモーターの間にトランスミッションを置き、そのギヤボックスはエンジン側に4段、モーター側に2段のギヤを持つ。エンジンとギヤボックスの間には一般的な摩擦式クラッチを搭載せず、代わりにレーシングカーにも使われているドッグクラッチを組み合わせることで、システム全体をコンパクトにまとめると同時にダイレクト感のある走りを手に入れることができる。そしてドッグクラッチは構造上どうしても大きな変速ショックを生み出してしまうため、サブモーターとして機能するスタータージェネレーターを用いて変速ショックを抑える。ざっくりいうなら、そういう考え方だ。

ルノーのルーテシア E-TECH ハイブリッドのトランスミッションの写真画像はこちら

 おわかりいただけ……にくいだろうな、さすがにこの程度の説明では。でも、この仕組みを解りやすくお伝えしようとすると、いかにWEBが無尽蔵に文字を吸収してくれる性質を持ってるとはいえ、読んでて飽きちゃうくらいの絵巻物になってしまいそう。基本的には先に日本へ上陸しているクーペSUVのアルカナと同じシステムであり、ルノージャポン公式サイトのアルカナのページで“E-TECH HYBRIDの詳細はこちら”というところを見ると動画つきで仕組みを知ることができるので、ぜひともそちらを御覧いただきたい。

 こうした優れたエンジニアの素晴らしい発想力にF1で培ってきた知見が加わって生み出されたE-TECH HYBRIDシステムは、一般的なパラレル式ハイブリッドシステムよりも小さく軽く、コンパクトカーに採用するのに相応しいものへと仕上がった。

ルノーのルーテシア E-TECH ハイブリッドの写真画像はこちら

 ルノーと日産と三菱のアライアンスの中には日産ノートが採用してるe-POWERがあるじゃないかと考える方もいらっしゃるだろうが、高速走行時のスピードレンジが高いヨーロッパでは逆に不利に働いてしまうという。ルノーはおそらく、低速域では力強いトルクを発生して高速走行時にも燃費に優れる、ヨーロッパで根強い人気を誇ってきた小排気量ターボディーゼルエンジンのような、小型車用のハイブリッドシステムを作りたかったのだろう。

名前:
嶋田智之
肩書き:
2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
2001年式アルファロメオ166/1970年式フィアット500L
趣味:
クルマで走ること、本を読むこと
好きな有名人:
-

画像ギャラリー


新着情報