クルマ好きなのに知らんぞ! 100年以上の歴史があるイギリスの自動車ブランド「ボクスホール」って何もの? (1/2ページ)

クルマ好きなのに知らんぞ! 100年以上の歴史があるイギリスの自動車ブランド「ボクスホール」って何もの?

この記事をまとめると

■1903年に誕生した自動車メーカーのボクスホールは日本ではあまり知られていない

■現在はステランティス傘下の自動車ブランドになっている

■オペルのモデルを英国でボクスホールとして販売し、今後の動向が楽しみなブランドのひとつだ

じつは100年以上の歴史を誇る老舗ブランド

 ボクスホール、英語では「VAUXHALL」。誕生したのは1903年という老舗である。日本語では、ボクスホールと表記されることが多い英国の自動車メーカーである。正確にいえば、現在は自動車のブランドだ。

【関連記事】不便を愛せてこそガイシャ乗り! 初めて乗ると「驚く」輸入車事情3つ

ボクスホールの社名エンブレム画像はこちら

 日本ではボクスホールを知らない人は少なくないだろう。知らないどころか、この名前を一度も聞いたことがない人がほとんどなのではないだろうか。

 その理由は大きくふたつあるように思う。

 ひとつは、現在は英国市場に特化した大衆車メーカー(ブランド)であることだ。日本人が英国車と聞いて思い浮かべるのは、ロールス・ロイス、ジャガー、ランドローバーなどの高級車だろう。近年ではF1技術を応用した量産車が人気のマクラーレンの認知度も上がっている。また、レースファンならば、英国にはマクラーレンのほか、ウイリアムズ、ロータス、ローラ、コスワースなど、F1を筆頭としたレーシング関連コンストラクターが数多いことを知っている。

 しかし、英国現地で庶民がどのようなクルマに乗っているのかと聞かれると「たぶん、トヨタや日産などの日本車や、ドーバー海峡を渡ってくるフランス車やドイツ車などではないか?」と推測することだろう。

 確かに、英国現地の道を見渡すと、そうしたクルマも数多いのだが、そのなかにボクスホールが走っているのだ。

ボクスホール・コルサのサイドビュー画像はこちら

名前:
桃田健史
肩書き:
-
現在の愛車:
トヨタ・ハイエースキャンパーアルトピア―ノ等
趣味:
動物たちとのふれあい
好きな有名人:
聖徳太子(多くの人の声を同時にしっかり聞くという伝説があるので)

画像ギャラリー


新着情報