ジープまでEVを発表! 粗野なイメージのある「クロカン四駆」が電気自動車ってアリ? (1/2ページ)

ジープまでEVを発表! 粗野なイメージのある「クロカン四駆」が電気自動車ってアリ?

この記事をまとめると

■2023年にはEVのジープがローンチされる予定になっている

■低回転から最大トルクを発揮するモーターの特性はオフローダー向きだ

■一方、新型ランクルは異なる使命を持つため、電動化しなかったのにも納得できる

低回転高トルクのEVはじつはオフローダー向き

 世界的な電動化の流れに合わせて、ジープもプラグインハイブリッド車に続き、電気自動車(EV)を送り出そうとしている。2022年3月に発表された、ステランティスの2030年に向けた戦略計画のなかで最高経営責任者(CEO)カルロス・タバレス氏が公開したもので、具体的な車名は明かさなかったものの、2023年初めにまず欧州で発売し、その後、世界中のマーケットに展開していく予定だという。

【関連記事】いま日本でバカ売れの「ジープ」! なかでもタフっぷり全開の「ラングラー」ってどんなクルマ?

ジープのEVコンセプトモデルのラングラー・マグニート画像はこちら

 ジープと言えば第二次世界大戦中の 1941年に設計されたウィリスMB以来、動力源はずっとガソリンあるいはディーゼルのエンジンであり続けてきた。80年以上の長い歴史を持つだけに、ジープ=エンジンで動く乗り物というイメージを多くの人が持っていることだろう。

 しかし、かつて日本でも大ヒットしたチェロキーXJ型を所有したひとりとして言わせてもらうと、ジープにおいてパワーユニットのプライオリティはさほど高くはないと思っている。

ジープ・チェロキーのフロントスタイリング画像はこちら

 オフロードで大事なのは、粘り強いトルクをじんわり出してくれること。これが実現できるなら、モーターでも全然問題ない。むしろEVのほうが、走行時に排気ガスを出さないので自然保護につながるし、超低回転で最大トルクを出すモーターの特性はオフロード向きだ。

名前:
森口将之
肩書き:
グッドデザイン賞審査委員
現在の愛車:
1971シトロエンGS/2002ルノー・アヴァンタイム
趣味:
ネコ、モーターサイクル、ブリコラージュ、まちあるき
好きな有名人:
ビートたけし

画像ギャラリー


新着情報