ライバルを探してみたら……居そうでいない!? 新型エクストレイルが「無双する予感」漂うSUVだった (1/2ページ)

ライバルを探してみたら……居そうでいない!? 新型エクストレイルが「無双する予感」漂うSUVだった

この記事をまとめると

■日産のミドルSUVであるエクストレイルの新型が日本デビューを果たした

■コンセプトやサイズ、システムなどで似ているモデルもいくつか存在する

■e-POWERを搭載した電動感の強いSUVであることを考えると直接的ライバルはない

日産独自の技術が盛り込まれた電動SUV

 2000年に初代が登場した、”タフギヤ”をコンセプトとした日産のミッドサイズSUV、エクストレイルがT33型の4代目としてこの夏デビュー。歴代に受け継がれるタフギヤというコンセプトはそのままに、一段と洗練されたスタイリングを纏っている。

【関連記事】「全部載せ」と「使い勝手大賞」感半端ない! 歴代を振り返ると「エクストレイル」が改めて買いだった

日産エクストレイルのフロントスタイリング画像はこちら

 3列シート仕様も選べるボディサイズは全長4660×全幅1840×全高1720mm、ホイールベース2705mm。最低地上高200mm(FF)~185mm(4WD)。先代が同4690×1820×1740、2705mm、最低地上高200~205mmだから、ショーティかつワイドでやや低まったプロポーションとなる(最低地上高に大きな違いはなし)。

日産エクストレイルのサイドビュー画像はこちら

 最大の特徴は、ついに3気筒1.5リッターVCターボエンジン+ハイパワーモーターによる進化版e-POWERのみのパワーユニットとなり(WLTCモード燃費は19.7~18.3km/L)、もはや純ガソリン車のグレードがないところ。さらに、電気で走る新体感の4WD=e-4ORCEを新設定。つまり、「e-POWER」と「VCターボエンジン」、そして「e-4ORCE」を組み合わせた、日産独自の技術がもたらす、完全なる電動SUVになったということだ。

日産エクストレイルのパワーユニット画像はこちら

 もちろん、日産ならではのプロパイロットは、ナビゲーションと連動し、地図データをもとに制限速度に応じて設定速度の切り替えやカーブに応じた減速支援など、ドライバーの操作頻度を軽減すしてくれる「ナビリンク機能」を追加したほか、スイッチ操作だけで駐車時に必要なすべての操作をシステムが、自動で制御する「プロパイロット パーキング」を採用しているのだから頼もしく心強い。

画像ギャラリー


新着情報