渋滞に事故まで引き起こす「0時待ち」問題! なぜ取り締まりが行われないのか? (1/2ページ)

渋滞に事故まで引き起こす「0時待ち」問題! なぜ取り締まりが行われないのか?

この記事をまとめると

■高速の変動料金制はスムースな交通を生み出すために採用される

■しかしそれにより、高速道路の料金所周辺で渋滞が起きている

■取り締まりがされない理由について解説する

料金所渋滞は「0時待ち」で起きる

 渋滞をコントロールするために高速道路などに変動料金制を採用するという手法は、世界的な定番となっている。

 たとえば、アメリカ・カルフォルニア州のハイウェイでは一部に有料車線を設け、さらに曜日と時間帯によって通行料を割り引いたり、割り増したりする制度が採用されている。この例では、無料レーンと有料レーンをわけて、無料レーンが渋滞しているときに希望者が有料レーンを使うというものだが、交通需給のマネージメントとして有効な手法といえる。

 そのほか都市部への流入を防ぐ方法としては、一定時間帯や一定期間における料金を上げ下げすることで流入量をコントロールしようとする「ロードプライシング」という制度も世界中で実績ある手法とされている。最近では2021年に開催された東京オリンピック・パラリンピックの期間中、首都高のマイカー利用者に対して1000円上乗せするという施策がとられたが、あれもロードプライシングの一種といえる。

【関連記事】警戒すべきは盗難じゃない! ETCの挿しっぱなしが危険な理由とは

TOKYO2020の標識画像はこちら

 このように変動料金制は、基本的にスムースな交通を生み出すためにあるわけだが、そんなシステムが逆に渋滞を生み出している例がある。それが「0時待ち」と呼ばれる高速道路の料金所周辺で起きる渋滞だ。具体的には、日本の大動脈といえる東名高速道路の東京料金所では0時直前まで料金所手前の路肩に大型トラックなどが違法駐車をするなどして、渋滞が起きることが日常茶飯事となっている。

 そもそも0時に料金所を通過しようとするのはETCによる深夜割引があるからだ。昼間の交通量を減らすために、0時~4時の間に高速道路を走行していると、通行料金が30%引きになるというのが深夜割引の仕組み。交通量を分散させて渋滞を減らすことが狙いで、変動料金制の一種といえる。

東京料金所01画像はこちら

 なぜ、渋滞を減らすための深夜割引が渋滞を起こしてしまうのだろうか。

画像ギャラリー


新着情報