またも巨星が消える! それとも姿を変えて登場!? ついに終了する「日産マーチ」の40年と「この先」の噂 (1/2ページ)

またも巨星が消える! それとも姿を変えて登場!? ついに終了する「日産マーチ」の40年と「この先」の噂

この記事をまとめると

■マーチが8月をもって生産を終了する

■4世代に渡って日本で販売され続けており、特別仕様車も数多く設定された

■欧州では「マイクラ」の名で販売されているほか、EVとなって復活する予告もされている

マーチは4世代に渡って愛された国民車的存在だった

 日産を代表するコンパクトカーであるマーチ。しかし、ついに今年の8月で生産終了となり終売となるという発表があった。生産終了後、すぐに買えなくなるわけではなく、在庫限りの販売ということになるそう。

 近年ではノートに押され気味のマーチであったが、日本のみならず欧州での日産ブランドのネームバリュー拡大にも貢献したマーチを今一度振り返ってみたい。

【関連記事】ちょっと商品力が……と思ったらまさかの大ヒット! 実力以上に売れまくった国産車6選

マーチ走り画像はこちら

 初代の日産マーチは1982年10月に発売をスタート。その1年前に開催された第24回東京モーターショーでは「NX-018」の名前で参考出品され、長期間に渡ってティザーキャンペーンがなされたモデルとなっていた。

NX-018画像はこちら

 車名である「マーチ」も一般公募で選ばれたものであったが、応募数1位のものではなく、当時の審査員の多くが選定したマーチに決定したというものだった。

 当初は3ドア、1リッターNAエンジンのみというラインアップだったマーチだが、のちに5ドアハッチバックやキャンバストップといったボディタイプが追加されたほか、1リッターターボモデルも設定。モータースポーツベース車としてターボとスーパーチャージャーのツインチャージャーエンジンを搭載した「マーチR」や、それをベースとして一般向けとした「スーパーターボ」など、ホットなモデルが用意されたのも特徴となっていた。

マーチスーパーターボ画像はこちら

 そのほか、Be-1、パオ、フィガロといったパイクカーのベースともなったマーチは、およそ10年という長いモデルライフを誇っていたのも日本車として珍しい点と言えるだろう。

Be-1画像はこちら

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報