メッシが所有と噂の48億円超えフェラーリ! 「335S」ってどんなクルマ? (1/2ページ)

メッシが所有と噂の48億円超えフェラーリ! 「335S」ってどんなクルマ?

この記事をまとめると

■2016年にオークションでフェラーリ335Sが約48億7000万円で落札された

■フェラーリ335Sはミッレ・ミリアで勝つためにフェラーリが開発したモデルだ

■落札したのはサッカー選手のリオネル・メッシだといわれている

フェラーリがミッレ・ミリア必勝を期して開発

 1950年代、世界選手権が懸けられていたスポーツカーレース。その初期にフェラーリが投入したモデルに、強固なスチール製のチューブラーフレームのフロントにダブルウイッシュボーン、リヤにはド・デュオンアクセルのサスペンションを組み合わせたシャシー、そしてスカリエッティによる2シーターのスパイダーボディを組み合わせた「290MM」がある。

 MMとは当時イタリアで開催されていた公道レースのミッレミリアの略で、フェラーリはこのレースを制するために、気筒あたり290.88cc、総排気量で3490ccとなるV型12気筒エンジンを搭載した、さらに高性能な「209S」を開発するが、最高出力で330馬力を誇った290Sの戦闘力はライバルには及ばず、結果フェラーリはその進化型として3.8リッター仕様の315S、そしてここでの本題である、ある有名人が2016年にパリのレトロモービルに併せて開催された、アールキュリエル社のオークションで、当時のレートで約48億7000万円という驚愕のプライスで落札したとされる、「335S」を新たにデビューさせることになる。

【関連記事】「F1ドライバーでも雨では乗りたくない」「日本の公道で300km/h走行」! 伝説のフェラーリF40とは何モノだったのか?

フェラーリ335Sのフロントスタイリング画像はこちら

 オークショネアはもちろん、落札者のプライバシーを考慮してその名前を発表することはなかったが、当時からそれは、サッカーのフランス一部リーグ、パリ・サンジェルマンに所属、そしてまたアルゼンチン代表でもある、リオネル・メッシではないかと噂されていた。

 クルマ好きなことで知られる彼のガレージには、高額なクラッシックカーやハイパーカーが並ぶことは、サッカーのファンならずとも多くの者が知る事実だったこともその噂の理由だった。

 290Sの後継車となった315Sは、車名の数字からも明らかなとおり、気筒あたり315ccの3783.4cc仕様となる新型のV型12気筒エンジンを搭載したモデル。パワーは360馬力に向上したほか、耐久性も向上し、さらに単体重量も9kg軽量化されたと記録されている。315Sは1957年のミッレミリアで見事に優勝を果たしている。

名前:
山崎元裕
肩書き:
AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員 /WCOTY(世界カーオブザイヤー)選考委員/ボッシュ・CDR(クラッシュ・データー・リトリーバル)
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ポロ
趣味:
突然思いついて出かける「乗り鉄」
好きな有名人:
蛯原友里

画像ギャラリー


新着情報